365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

13
ノート

『2つの1つ』(11月18日・「雪見だいふくの日」)

「あちゃー」  電車を降りて駅前の駐輪場に行くと、自転車が10台くらいドミノ倒しになってい...

『鬼のつかの間』(11月17日・「将棋の日」)

パチン……パチン、と乾いた音がする。  本気で戦っているのに、その音はあまりにも静かで、...

『私のエースパイロット』(11月16日・「幼稚園記念日」)

子供は私じゃない。  私の意思とは無関係の生き物だ。  血を分けたし、お腹の中で育てたの...

『僕はかけら』(11月15日・「七五三の日」)

「お前、全部笑ってないな」  壁にかかっている写真を見て、加賀美辰彦はハハッと笑った。 ...

『宇宙からの落し物』(11月14日・「いい石の日」)

「やめてよ! それは大切な石なんだ!」  僕がお願いをすると、それを待っていたかのように...

『飛べなくても、あの場所へ』(11月13日・「飛べない鳥の日」)

会社からの帰り、電車に揺られながらニュースサイトをチェックしていたら、友人の名前が目に飛...

『新しい皮膚、新しい自分』(11月12日・「いい皮膚の日」)

俺には、新しい皮膚がある。  自分の全身を覆っていて切り離せないものだ。  朝起きて、制...

『初めてのポキポキ』(11月11日・「ポッキーの日」)

誰も来なかったらどうしよう。  駅の改札前で、スマートフォンを握りしめて、30分待っている...

『深夜の壊れたメロディ』(11月10日・「オルゴールの日」)

「え? 浮気してなかったんですか?」 「はい、浮気してませんでしたよ。何度質問されても、...

11月9日は「119番の日」(365日小説)

僕であったものが燃えていく。  ほっとするけど、胸騒ぎもするし、ワクワクもする。  めら...