如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。
    • 読書感想文 読むと効く

      読書感想文 読むと効く

      • 5本

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 『あくまでも探偵は』(講談社リデビュー小説賞受賞作)

      『あくまでも探偵は』(講談社リデビュー小説賞受賞作)

      • 109本

      第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。重版&シリーズ化決定! 2巻も執筆中です…!

    • 如月新一のしょうせつ道

      如月新一のしょうせつ道

      • 15本

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      • 13本

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      映画感想 シネマパラダイス

      • 8本

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    • すべてのマガジンを表示
  • あくまでも探偵は (講談社タイガ)

    如月 新一
  • 放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

    如月 新一
+1

読み始めたら戻れない『メドゥサ、鏡をごらん』

読書感想文5冊目 『メドゥサ、鏡をごらん』(井上夢人) 夏と言えば、怖い話!……とは、別に思っていないけれど、ホラー漬けの夏であった。 昔はテレビで怖い話の番組を…

ケーキは食べたらなくなる

 閑古鳥が鳴いていると思っていたら、店に鶴がやってきた。  ドアが開き、若い男の子が現れる。すらっとしていて、綺麗な顔をしていた。モデルや俳優のような、気品や風…

しょうせつ道14(コロナ禍出版編)

ご無沙汰しております、作家の如月新一です。 前回の更新が2019年の5月だった。今は21年の1月だ。 更新頻度が遅すぎでは?? 1年以上、私は何をしてたのか? 講談社のリ…

天国エレベーター(初稿−13)

       13  拘束された滑川は動かないが、じっと目を凝らして見ると、わずかに胸が上下しており、呼吸しているのがわかり、ほっとする。 「よかった、生きてる…

天国エレベーター(初稿−12)

       12  僕はこの世からいなくなるのだろか。残された人は平和に暮らせだろうか。僕はいなくなるが、友達は助かった。きっと彼は僕の家族や友人たち、そして…

天国エレベーター(初稿−11)

       11  もしもし、と警戒する声が聞こえる。森巣の声だ。 「森巣、僕だ」 「平か、どうした」 「僕が渡した菓子を食べたか?」 「いや、まだだ。お前から…