如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

しょうせつ道14(コロナ禍出版編)

ご無沙汰しております、作家の如月新一です。 前回の更新が2019年の5月だった。今は21年の1月だ。 更新頻度が遅すぎでは?? 1年以上、私は何をしてたのか? 講談社のリ…

天国エレベーター(初稿−13)

       13  拘束された滑川は動かないが、じっと目を凝らして見ると、わずかに胸が上下しており、呼吸しているのがわかり、ほっとする。 「よかった、生きてる…

天国エレベーター(初稿−12)

       12  僕はこの世からいなくなるのだろか。残された人は平和に暮らせだろうか。僕はいなくなるが、友達は助かった。きっと彼は僕の家族や友人たち、そして…

天国エレベーター(初稿−11)

       11  もしもし、と警戒する声が聞こえる。森巣の声だ。 「森巣、僕だ」 「平か、どうした」 「僕が渡した菓子を食べたか?」 「いや、まだだ。お前から…

天国エレベーター(初稿−10)

      10  僕のことを追い詰めていると言った男が、僕に勝負を申し出て来た。怪訝に思いながら睨んでいると、「そう怖い顔をしなくても」と笑い、「負けたら死ぬ…

天国エレベーター(初稿−9)

       9  僕の質問を受け、花坂さんが喉に補声器を当てる。 「何者、とは?」 「質問を変えますよ。僕がここに来た時、電話をしてましたよね」 「ええ。誰もい…