如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

    マガジン

    • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

      2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

    • 読書感想文 読むと効く

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 如月新一のしょうせつ道

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    ウィジェット

    • 商品画像

      あくまでも探偵は (講談社タイガ)

      如月 新一
    • 商品画像

      放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

      如月 新一

    記事一覧

    天国エレベーター(初稿−13)

           13  拘束された滑川は動かないが、じっと目を凝らして見ると、わずかに胸が上下しており、呼吸しているのがわかり、ほっとする。 「よかった、生きてる…

    如月新一
    1年前

    天国エレベーター(初稿−12)

           12  僕はこの世からいなくなるのだろか。残された人は平和に暮らせだろうか。僕はいなくなるが、友達は助かった。きっと彼は僕の家族や友人たち、そして…

    如月新一
    1年前

    天国エレベーター(初稿−11)

           11  もしもし、と警戒する声が聞こえる。森巣の声だ。 「森巣、僕だ」 「平か、どうした」 「僕が渡した菓子を食べたか?」 「いや、まだだ。お前から…

    如月新一
    1年前

    天国エレベーター(初稿−10)

          10  僕のことを追い詰めていると言った男が、僕に勝負を申し出て来た。怪訝に思いながら睨んでいると、「そう怖い顔をしなくても」と笑い、「負けたら死ぬ…

    如月新一
    1年前

    天国エレベーター(初稿−9)

           9  僕の質問を受け、花坂さんが喉に補声器を当てる。 「何者、とは?」 「質問を変えますよ。僕がここに来た時、電話をしてましたよね」 「ええ。誰もい…

    如月新一
    1年前

    天国エレベーター(初稿−8)

           8  明日の今頃、僕は何をしているだろうか。いや、森巣は何をしているだろうか。  町に巣喰う悪の親玉、親玉を狙う別の悪党の諍いに、高校生である森巣…

    如月新一
    1年前
    天国エレベーター(初稿−13)

    天国エレベーター(初稿−13)

           13

     拘束された滑川は動かないが、じっと目を凝らして見ると、わずかに胸が上下しており、呼吸しているのがわかり、ほっとする。

    「よかった、生きてる」
    「だが、直に死ぬ」

     氷のように冷たい口調にはっとして森巣を見る。彼はじっと滑川を、まるで静物を見るような目で眺めていた。もうその目に憎しみの色がないことに、不安になる。

    「どういうこと?」
    「食堂で話していた女医がいただろ? 

    もっとみる
    天国エレベーター(初稿−12)

    天国エレベーター(初稿−12)

           12

     僕はこの世からいなくなるのだろか。残された人は平和に暮らせだろうか。僕はいなくなるが、友達は助かった。きっと彼は僕の家族や友人たち、そして困っている人も目にしたら助けてくれるだろう。

     勝手に期待を押し付けるな、そうしかめ面をしているのが目に浮かぶ。
     これから彼はどうなるのだろうか、彼は人としてどうかしているところもあるから、この先が心配だ。喧嘩もしたし変な奴と関わって

    もっとみる
    天国エレベーター(初稿−11)

    天国エレベーター(初稿−11)

           11

     もしもし、と警戒する声が聞こえる。森巣の声だ。

    「森巣、僕だ」
    「平か、どうした」
    「僕が渡した菓子を食べたか?」
    「いや、まだだ。お前からもらったものだから、大事にとってある」
    「食べてないんだな!」
    「食ってない。なんだよ、怒るな。冗談だ」
    「それには毒が入ってる、だから絶対に食べるなよ」
    「毒? なんの話だ」
    「よく聞いてくれ。僕は今、図書室に滑川といる」
    「図書室

    もっとみる
    天国エレベーター(初稿−10)

    天国エレベーター(初稿−10)

          10

     僕のことを追い詰めていると言った男が、僕に勝負を申し出て来た。怪訝に思いながら睨んでいると、「そう怖い顔をしなくても」と笑い、「負けたら死ぬだけだよ」と不穏な言葉を続けた。

     滑川はコンビニ袋を覗き、中から二つ地元銘菓を取り出し、テーブルの上に置いた。プレーン味の白い袋とチョコレート味の茶色い袋のものだ。

    「一個食べたら、電話を一度だけ電話をかけさせてあげよう」
    「電話?

    もっとみる
    天国エレベーター(初稿−9)

    天国エレベーター(初稿−9)

           9

     僕の質問を受け、花坂さんが喉に補声器を当てる。

    「何者、とは?」
    「質問を変えますよ。僕がここに来た時、電話をしてましたよね」
    「ええ。誰もいなかったので。ルール違反はまずかったですね」

    「いえ、僕が気にしてるのはそこじゃありません。右手に電話を、左手にペンを持っていた。机の上にはメモをした跡がある。右手と左手が埋まっているのに、あなたはどうやって話してたんですか?」

    もっとみる
    天国エレベーター(初稿−8)

    天国エレベーター(初稿−8)

           8

     明日の今頃、僕は何をしているだろうか。いや、森巣は何をしているだろうか。

     町に巣喰う悪の親玉、親玉を狙う別の悪党の諍いに、高校生である森巣と僕は巻き込まれている。しかも、森巣を巻き込んでしまったのは僕だ。失敗すれば、僕のように骨を折られる、だけでは済まないだろう。

     森巣が戦うのは彼の意思だ、だから僕は好きにしろと言った。

    「どうしてそういうことを言うんだ」

     夕飯

    もっとみる