如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

    マガジン

    • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

      2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

    • 読書感想文 読むと効く

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 如月新一のしょうせつ道

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    ウィジェット

    • 商品画像

      あくまでも探偵は (講談社タイガ)

      如月 新一
    • 商品画像

      放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

      如月 新一

    記事一覧

    クビキリ(2稿-3)

           3  傍に立っている男子生徒を見て、思わず息を呑んだ。  彼の白と黒が印象的だった。傷やにきび跡の一つもない白い肌、そして対照的な濡れ羽色をした柔…

    如月新一
    2年前

    「クビキリ」(2稿-2)

          2  十六歳、高校二年生の僕は犬を探している。探しているのは白い中型犬だ。家に帰り、犬が尻尾を振りながら駆け寄って来たら嬉しいだろう。家族が待ってい…

    如月新一
    2年前

    「クビキリ」(2稿-1)

           1 「殴られたことはあるか?」  十六年感の人生を回想しながら、「ない」と僕は答える。  子供の頃に父と母は離婚していて、父親から殴られたことはな…

    如月新一
    2年前

    1話目修正を始めましょ!

    ※ご注意 本編のネタバレがございます。 コチラの▶︎作品と合わせて お楽しみいただけますと幸いです。 登場人物紹介 如月:リデビュー賞を受賞した作家 河北:講談社タ…

    如月新一
    2年前

    続1話目修正を始めましょ!

    ※ご注意 本編のネタバレがございます。 コチラの▶︎作品と合わせて お楽しみいただけますと幸いです。 登場人物紹介 如月:リデビュー賞を受賞した作家 河北:講談社タ…

    如月新一
    2年前

    続プロットを直しましょ!

    河北:ラスボスが悪いってわけじゃないですよ。 一巻を読み終わったあとの爽快感は欲しいですしね。簡単に言うと、ラストで「驚かす」「すっきりさせる」「謎解きがある」…

    如月新一
    2年前
    クビキリ(2稿-3)

    クビキリ(2稿-3)

           3

     傍に立っている男子生徒を見て、思わず息を呑んだ。

     彼の白と黒が印象的だった。傷やにきび跡の一つもない白い肌、そして対照的な濡れ羽色をした柔らかそうな髪をしている。僕を見下ろす彼と視線がぶつかる。切れ長の二重瞼をしていて、冷たくも温かくもある印象を受けた。同情するように目を細め、安心を誘うような笑みを浮かべる。

     中性的な顔立ちなのだが、精悍な男らしさがある。イケメンと言

    もっとみる
    「クビキリ」(2稿-2)

    「クビキリ」(2稿-2)

          2

     十六歳、高校二年生の僕は犬を探している。探しているのは白い中型犬だ。家に帰り、犬が尻尾を振りながら駆け寄って来たら嬉しいだろう。家族が待っているというのは良いことだ。

     だけど、僕は犬を、新しい家族を探しているというわけではない。
     そもそも探しているのは他所の犬だ。

    「すいません、すいません」

     校門のそばに立ち、下校する生徒たちに声をかけながら紙を差し出して行く。

    もっとみる
    「クビキリ」(2稿-1)

    「クビキリ」(2稿-1)

           1

    「殴られたことはあるか?」

     十六年感の人生を回想しながら、「ない」と僕は答える。

     子供の頃に父と母は離婚していて、父親から殴られたことはない。大らかな母親は僕を打ってしつけをしたことがないし、悪さをしないから先生の体罰を受けたこともない。

     弱そうに見えるからいじめられかけたこともあるが、無視をするとか仲間はずれにするとか、嫌がらせをされるという感じだ。殴られはしない

    もっとみる
    1話目修正を始めましょ!

    1話目修正を始めましょ!

    ※ご注意 本編のネタバレがございます。
    コチラの▶︎作品と合わせて
    お楽しみいただけますと幸いです。

    登場人物紹介
    如月:リデビュー賞を受賞した作家
    河北:講談社タイガの編集長
    泉:講談社タイガの編集者
    佐渡島:コルクの如月担当編集者

    如月:1話目冒頭を書いてアップしました(1話目の1〜4らへん)ので、お手すきの際にお読みくださいませ…!

    佐渡島:ここまではかなりいい感じで、先が読みたくなる

    もっとみる
    続1話目修正を始めましょ!

    続1話目修正を始めましょ!

    ※ご注意 本編のネタバレがございます。
    コチラの▶︎作品と合わせて
    お楽しみいただけますと幸いです。

    登場人物紹介
    如月:リデビュー賞を受賞した作家
    河北:講談社タイガの編集長
    泉:講談社タイガの編集者
    佐渡島:コルクの如月担当編集者

    如月:1話目のつづきを書きました! これで1話目の初稿は終わりです。
    お手すきの際にお読み下さいませ…!

    佐渡島:まとめて読んだよ。流れはいいと思うのだけど、

    もっとみる
    続プロットを直しましょ!

    続プロットを直しましょ!

    河北:ラスボスが悪いってわけじゃないですよ。
    一巻を読み終わったあとの爽快感は欲しいですしね。簡単に言うと、ラストで「驚かす」「すっきりさせる」「謎解きがある」等のカタルシスをどこに置くか、も考えた方が良いですよ!

    如月:にゃるほどにゃるほど。
    じゃあキャラの距離感の変化と、四話目、最終話どうするか考えますね。

    河北:平と森巣は、中身のタイプは全然正反対ですが 平は凡人としての善性から正義を行

    もっとみる