如月新一

小説家。新刊『魔女が全てを壊していった』発売!💫既刊『あくまでも探偵は』シリーズ『放課…

如月新一

小説家。新刊『魔女が全てを壊していった』発売!💫既刊『あくまでも探偵は』シリーズ『放課後の帰宅部探偵』🍩読んでる間は楽しくて読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

マガジン

  • 日報

  • ハートのキング

    ~ 文化祭を楽しめなかった全ての人へ  最高の文化祭をご用意しました ~    私立苺原高校の文化祭では3つの事件が起こっている。 ① 「文化祭をジャックした」という声明文が出され、あちこちで事件が発生。図書室の探偵がジャックを追う。 ② 脅迫されたミスコン候補の女生徒に危険が迫り、風紀委員の男子がボディガードに。 ③「文化祭を十三回繰り返しているから助けて欲しい」   文化祭嫌いの文化祭実行委員の男子は、時間を繰り返す幼馴染を文化祭を終わらせるために奔走する。  3つの事件が解決するとき、文化祭の真実が明らかになる。 創作大賞2024 #ミステリー小説部門 応募作品です。お楽しみいただけましたら、応援よろしくお願いいたします! ご感想、お待ちしております…!

  • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

    2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

  • 読書感想文 読むと効く

    このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

  • 如月新一のしょうせつ道

    小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

ウィジェット

  • 商品画像

    あくまでも探偵は (講談社タイガ)

    如月 新一
  • 商品画像

    放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

    如月 新一
  • 商品画像

    魔女が全てを壊していった (二見ホラー×ミステリ文庫)

    如月 新一
  • 商品画像

    あくまでも探偵は (講談社タイガ)

    如月 新一
  • 商品画像

    放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

    如月 新一
  • 商品画像

    魔女が全てを壊していった (二見ホラー×ミステリ文庫)

    如月 新一

最近の記事

怒りたくないという気持ち

怒りたくない。怒りたくないんですよ。私は。 怒ると疲れるし、怒った後わー、さっきの精神状態と言動は最悪だったってめちゃくちゃ落ち込むし、怒っている状態の不機嫌になっている自分が嫌だし、見ている人が不愉快だろうし、怒った態度で臨むコミュニケーションで変わるのか? 怒ったくらいでちゃんとするなら最初からやってくれよ!! って更に怒りたくなるし、どうせ私が怒ったところで相手は変わらないから。 それに、一度怒った相手と今後何事もなかったみたいにコミュニケーションが取れるのか? って

    • 東京はお洒落な人が多いなって思ったよの巻

      お母ちゃんがアニメで『呪術廻戦』にはまって、私が貸した漫画も読み、「呪術廻戦展に行きたい!」って言うので、一緒に行って来たよ。 うちは両親共働きで、父の帰りも毎日遅いし母も仕事いくつも掛け持ちしているしで、二人とも自分の人生で楽しいことをしてこれなかったんじゃないか? って思うんだよね。 私ら兄弟の学費が大変だったんだと思うよ。 私も兄も、結果的にはよかったねと思うんだけど、子供の頃は結構辛かったんだよね。精神年齢が低かったし、家庭も殺伐としていたし、まあ辛いな!! と思

      • 最終話「祭りの後」

                文化祭後         クイーン13  屋上で演奏をした反省文プラス脱走をした反省文プラス、大声でハートのキングのイベントを妨害した反省文を書くことになった。合計五十枚以上というボリュームだ。最後に関しては、反省するつもりがないのだが、脱走して告白するとは何事か、ということらしい。  今まで反省文を書くようなことがなかったから、どうやって書いたらいいのかわからず、ことのあらましを中学の頃から遡ることになり、反省文は合計七十八枚に及んだ。  担任の日下

        • なんか最後叱られなかった?

          朝イチで病院へ。 全然心配しないでねっていうことを前置きしつつ。 病院で「この病気かも」って言われて、そうなのかーって思ったんだけど、家帰って調べてみたら「身に覚えがなさすぎる!!」ってなったから多分違うと思う。 で、症状で検索したら、素人診断「こっちでは?」っていうのがあったから、金曜日にまた病院に行って「こっちでは?」って訊いてみようかな。 薬が欲しいので。 健康の話、おわり! 郵便局に行って用事を済ませたんだけど、窓口の人に「あらー、引っ越して来たばっかりなんです

        怒りたくないという気持ち

        マガジン

        • 日報
          314本
        • ハートのキング
          43本
        • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし
          119本
        • 読書感想文 読むと効く
          5本
        • 如月新一のしょうせつ道
          15本
        • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜
          13本

        記事

          第42話「ロンリーハーツを持つ者たち」

                 ジャック13  さて、と針ヶ谷さんが私に向き直る。 「佐野くんが、あんな物騒な連中と知り合いだったとは知らなかったよ」 「事前に彼らがやっていることを知る機会があったから。トラブルを回避するために、昨日の放課後に話をして仲良くなっておいたの」 「で、何か言いたいことがあるんじゃないかい?」 「私から言っていいの? 針ヶ谷さんは探偵でしょ?」 「わかったよ」  針ヶ谷さんはそう言って、右手の親指を人差し指だけ立てて、こちらに向けた。  Jの形に見える。

          第42話「ロンリーハーツを持つ者たち」

          デスクを窓向きにしました。ルックバック見たので。

          引越の段ボールを全部、引っ越し業者さんに引き取ってもらった。 ので、部屋が広くなった。 ので、『ルックバック』観たからデスクを窓向きに変えた。 形から入るタイプなので。ふとした時に顔を上げて窓の外を見て、走ってる車だとか飛んでいる鳥だとか、ビルとか家々の明かりだとかを見て、ぼうっとしてから原稿に戻っている。 部屋の中を見るより、体感では集中できている気がするよ。 あ、そういえばAmazonのプライムデーセールが始まったね。 買うぞ! と思っていたものをポチりました。 豆乳

          デスクを窓向きにしました。ルックバック見たので。

          第41話「ハートのキングを終わらせるため」

                  キング14  教室の扉を開ける。電気はついておらず、ただ淡い夕闇が窓の向こうから漏れてくるだけだ。窓の傍に一人、小南は立っていた。俺が来ることはわかっていたとでも言うのか、振り返りもせず、校庭を眺めている。 「祭りは終わりだ。明日からは後片付けと、いつもと同じ毎日が始まる」  小南の隣に移動し、話しかける。小南は俺を見ることなく、窓の外を眺めている。  放課後は自由解散となったが、残って後夜祭に参加する生徒は多い。グラウンドに人が集まり、談笑をしたり、

          第41話「ハートのキングを終わらせるため」

          目黒のビリヤニ練習中

          三連休だったらしいぜ。世間では。 まあ、さほど関係はないですよね。 買い物をしたり、実家に本とかたぬきの救出をしに行ったり、原稿をしたりして終わった。 冷蔵庫・冷凍庫の中が埋まってきて幸せを感じる。 やー、本まだあったね。伏兵が。 実家にいる間にも本をたくさん買っていたから、トランク2つ分持って帰ってきた。重すぎて運びながら腰が壊れるかと思った。 夜、原稿してたら先輩から電話がかかってきた。 先輩、明日から会社らしい。先輩も大概会社員に向いていない気がするんだけど、長く

          目黒のビリヤニ練習中

          第40話「運命を支配したような気持ち」

                  ジャック12  この展開を誰が予想できたであろうか。針ケ谷さんの顔をちらりと窺うと、楽しそうに頬を緩めていた。純粋に、この展開にほっとしたのだろう。  天宮さんと狭間くんが仲たがいしていたことを、気にしていたのだろう。他人が幸せそうにしているのを見て、嬉しそうにしている横顔に私は針ヶ谷さんは優しいなと思った。  そして、思う。ああして正面から二人で向かい合えるということは、やはり幸せなことなのだろう。 「氷見、君が馬鹿にしているみんなはね、面白いんだよ

          第40話「運命を支配したような気持ち」

          荷解期の終り

          荷解きおわりー! 本は全部本棚に、ただ押し込む・積むという形で入れた。 作家順、出版社順、でもなく、なんなら巻数やシリーズもバラバラになっている。 今度! 今度並び替えるよ! 部屋が広くなりまして、やっと移動が楽になりましたな。 まあ、部屋の隅でずっとパソコンに向かって一日過ごすことに変わりはないんだけど。 あ、もうマットを敷けるからリングフィットも再開するわよ! 原稿を進めているけれど、なんか文章に色気がない。というか、ただの文章を書いてしまっていて、これは小説として

          荷解期の終り

          第39話「あなたのことがわかるのは」

                 キング13 「ちょっとちょっと! マイクの前でやってください!」  でっかい蝶ネクタイをつけた男子生徒に注意され、仕方なく離れる。だが、詳しく話せば怪しまれるし、言うべきことは言った。  踵を返し、所定のマイクの前に戻ってから、天宮に向き直る。困惑した表情の天宮と、中途半端な笑顔を浮かべている小南が見える。小南には、あとで謝ることにしよう。  俺はまた、大事な場面で小南の期待を裏切ることになった。 「天宮静香さん、俺と付き合ってください」  どよめく

          第39話「あなたのことがわかるのは」

          第38話「彼女こそ、無敵の女王」

                 クイーン12  コンコン、というノックの音と共に、扉が開いた。水柴先生が顔を上げ、そちらに視線を送る。 「あのー、困ってるんですけど」  そう言って現れたのは、美夏ちゃんだった。彼女は呆気にとられている僕を一瞥すると、水柴先生に向き直った。 「どうしたんだ? 迷子か?」 「消火器」 「消火器を倒しちゃったら、大変なことになったんですけど」 「おいおい」  水柴先生が扉の外に出て行く。「なんじゃこりゃあ!」と聞こえてくる。 「何が起こったんだよ!」「

          第38話「彼女こそ、無敵の女王」

          菫画報、はまってくれて嬉しかったよ日報

          漫画教室 先週は病欠したので、久し振りであった。 みんな、わたしのこと、忘れちゃってないかな……って不安だったけど、よかったです。 みんな漫画を描いていて偉すぎる。 『フリクリ』を貸してた生徒、楽しんでくれたようでよかった。 『菫画報』を貸してた生徒、読み進めていてよかった。 菫画報、めっちゃ好きなんだけど、ハマってくれるか? と心配していたからよかったよ。 あと、『呪術廻戦』を好きな高校生に「ジャカジャカジャンケンって今の子わかるの??」って訊いたら、「なんですかあれ

          菫画報、はまってくれて嬉しかったよ日報

          第37話「人生で何かを不意に理解する瞬間」

                  キング12  グラウンドの特設ステージのそばに、運動会の本部が使っているような屋根つきのテントが張られている。片方が男子、片方が女子、ということだ。ハートのキングの参加資格を持つ、ミスターコンとミスコン候補者が待機している。それぞれ五、六名ずつという感じだろうか。  反対側のテントにいる、ミス苺原高校の小南の姿を見つける。俺がミスターになるのも番狂わせだったと思うが、まさか小南がミスになるとは思っていなかった。俺と仲良くしてくれるという時点で、寛容な性格を

          第37話「人生で何かを不意に理解する瞬間」

          第36話「本当は大したことない脇役なんじゃないの?」

                 ジャック11  ミスターコンテストも番狂わせと思えるような事態が起こったが、ミスコンテストでも番狂わせが起きた。  ミスコン最有力候補である、天宮静香の株が大暴落した。ブーイングが起こり、彼女は真摯にそれを受けながら頭を下げ続けた。これからも高校生活は続いていくというのに、彼女は自分が狡いことをしたと自白した。  これには私も驚いたし、針ヶ谷さんも目を丸くしていた。 「人間というものは、摩訶不思議だねぇ」  ミスターコンテストのように、失言をしたがまさ

          第36話「本当は大したことない脇役なんじゃないの?」

          ERAい

          引越しのあれこれが終わらんね。 今日も昨日と同じく、比較的涼しかったので(それでも暑い!)病院に行ってから、区役所に行ったり警察署に行ったりしてきたよ(ERAすぎる)。 引っ越した場所、前の家から徒歩10分くらいのところで、がんばれば駅から徒歩でも行けるんだけど、夏は嫌だな。歩きたくないから。 今日はがんばれた(ERAい)。運動不足を気にしていたからね。 帰って来て、原稿して、仕事して、原稿して、荷解き。 台所周りとかなんやかんやは終わったから、あとは本だ! ということ