如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

    マガジン

    • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

      2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

    • 読書感想文 読むと効く

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 如月新一のしょうせつ道

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    ウィジェット

    • 商品画像

      あくまでも探偵は (講談社タイガ)

      如月 新一
    • 商品画像

      放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

      如月 新一

    記事一覧

    「クビキリ」(初稿-9)

          9  初めて会ったマリンは写真で見るよりも愛嬌のある顔をしていた。青い右目は神秘的だけど、この犬の価値はそんなものではないように思う。  マリンは、…

    如月新一
    3年前

    「クビキリ」(初稿-8)

           8  森巣が鼻先まで持ち上げていたティーカップをゆっくり下ろした。 『きれいは汚い、汚いはきれい』人は見かけじゃわからない。森巣はまだ、僕を油断さ…

    如月新一
    3年前

    「クビキリ」(初稿-7)

           7  壁に取り付けられている、インターフォンのモニターを見て、殺人鬼が僕を探しにやって来たような戦慄を覚えた。  そこには、柔和な表情の森巣が写っ…

    如月新一
    3年前

    「クビキリ」(初稿-6)

           6   詳しく話を聞こうと案内された柳井先生の家は、瀬川さんの家の近所にあるレンガ調をした外壁の、庭とガレージ付き一軒家だった。玄関には観葉植物が…

    如月新一
    3年前

    「クビキリ」(初稿-5)

           5 『森巣くんは信じても大丈夫だよね?』  僕の心の声ではない。瀬川さんからの着信だ。  小学校を後にし、思考の迷路に迷い込むように、町を彷徨って…

    如月新一
    3年前

    「クビキリ」(初稿-4)

           4  瀬川さんの犬を奪った犯人が逃げ込んだ先は、袋小路だった。  だが、そこに姿はなかったのだと言う。  犯人は煙のように消えたのか? そんな馬鹿…

    如月新一
    3年前
    「クビキリ」(初稿-9)

    「クビキリ」(初稿-9)

          9

     初めて会ったマリンは写真で見るよりも愛嬌のある顔をしていた。青い右目は神秘的だけど、この犬の価値はそんなものではないように思う。

     マリンは、自分の首が切り落とされるかもしれなかったなんて、夢にも思っていないだろう。僕たちを先導して歩き、時々無邪気な笑顔で振り返る。犬は口を開いていると笑っているように見えて、こちらの頬も緩んでしまう。

    「犬は呑気なもんだな」

     リードを握

    もっとみる
    「クビキリ」(初稿-8)

    「クビキリ」(初稿-8)

           8

     森巣が鼻先まで持ち上げていたティーカップをゆっくり下ろした。

    『きれいは汚い、汚いはきれい』人は見かけじゃわからない。森巣はまだ、僕を油断させようとしているのではないか、味方のふりをして欺いているのでは? と額に冷や汗がぶわっと浮かぶのがわかる。

     もう、何を信じていいのかわからない。
     ぐわんぐわんと目眩が起きているようだ。

    「お待たせお待たせ」

     リビングの扉が開

    もっとみる
    「クビキリ」(初稿-7)

    「クビキリ」(初稿-7)

           7

     壁に取り付けられている、インターフォンのモニターを見て、殺人鬼が僕を探しにやって来たような戦慄を覚えた。

     そこには、柔和な表情の森巣が写っている。何故、森巣がここにいるのか。もしかして、瀬川さんに『森巣の知り合いのことをまだ信じない方がいい』と言ったことに怒り、僕を探していたのだろうか?

     隠れても無駄だ、僕がここにいることはお見通しだとでも言うように、再びピンポーンと

    もっとみる
    「クビキリ」(初稿-6)

    「クビキリ」(初稿-6)

           6 

     詳しく話を聞こうと案内された柳井先生の家は、瀬川さんの家の近所にあるレンガ調をした外壁の、庭とガレージ付き一軒家だった。玄関には観葉植物が置かれ、来客を出迎える大きな油絵が掛かっている。

    「どうした、平? ぼーっとつっ立って。ここは職員室じゃないから、遠慮しなくていいんだぞ」

     柳井先生がずいずいと奥のリビングへ向かっていく。そうは言われても、と僕は緊張しながら用意され

    もっとみる
    「クビキリ」(初稿-5)

    「クビキリ」(初稿-5)

           5

    『森巣くんは信じても大丈夫だよね?』

     僕の心の声ではない。瀬川さんからの着信だ。
     小学校を後にし、思考の迷路に迷い込むように、町を彷徨っていたらスマートフォンに瀬川さんからの着信があった。

    『違うな、森巣くんの知り合いって信じても大丈夫かな?』

     絞り出された不安そうな声が、スピーカーから耳に届く。

    「知り合い? どういうこと?」
    「連絡があってね、森巣くんの知り合

    もっとみる
    「クビキリ」(初稿-4)

    「クビキリ」(初稿-4)

           4

     瀬川さんの犬を奪った犯人が逃げ込んだ先は、袋小路だった。
     だが、そこに姿はなかったのだと言う。

     犯人は煙のように消えたのか? そんな馬鹿な、とこの話を何度聞いても狐につままれたような気持ちになる。

     森巣はどう思っただろう? 面食らっているだろうと顔色を窺う。顎に手をやり、思慮深そうに周囲に視線をやって観察していた。なんとなく、彼の周りの雰囲気がピリッと張り詰めている

    もっとみる