如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

    マガジン

    • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

      2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

    • 読書感想文 読むと効く

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 如月新一のしょうせつ道

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    ウィジェット

    • 商品画像

      あくまでも探偵は (講談社タイガ)

      如月 新一
    • 商品画像

      放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

      如月 新一

    記事一覧

    「クビキリ」(初稿2)

          2  高校を出てしばらく歩き、最寄り駅の方へは向かわずに住宅街の中にある『ルフラン』という小さなカフェにやってきた。  個人経営の落ち着いた店で、店…

    如月新一
    3年前

    「クビキリ」(初稿1)

            1 「わかってくれ、見て見ぬ振りはできないんだよ」 「僕もなんです」 「平《たいら》の気持ちもわかるけど、学校でこういうのはちょっと」 「ダメです…

    如月新一
    3年前

    はじめに 公開改稿はじめます!

    先日、第1回『講談社NOVEL DAYS』リデビュー小説賞 にて、拙作『モリス〜悪意と言う名の街〜』が受賞しました。 やったね! めでたい! ありがとう! 引き出しにしまっ…

    如月新一
    3年前
    「クビキリ」(初稿2)

    「クビキリ」(初稿2)

          2

     高校を出てしばらく歩き、最寄り駅の方へは向かわずに住宅街の中にある『ルフラン』という小さなカフェにやってきた。

     個人経営の落ち着いた店で、店内は焙煎されたコーヒーの良い香りで溢れている。木製のテーブルと椅子は、どこかの職人の手作りという感じがした。しっくいの壁にかかっている、草原で休んでいる馬の絵も、有名な画家のコピーではなく誰かが描いたものだとわかる。手作りとこだわりに溢

    もっとみる
    「クビキリ」(初稿1)

    「クビキリ」(初稿1)

            1

    「わかってくれ、見て見ぬ振りはできないんだよ」
    「僕もなんです」
    「平《たいら》の気持ちもわかるけど、学校でこういうのはちょっと」
    「ダメですかね?」

    「ダメなんだよ」そう言いつつ、「まあ、気持ちはわからなくもないけどさぁ」と言葉が続く。

     担任の柳井《やない》先生が、困ったなあと顔をしかめる。眉根に皺が寄る音が聞こえてくるようだった。
     原因は柳井先生が手にしている紙だ

    もっとみる
    はじめに 公開改稿はじめます!

    はじめに 公開改稿はじめます!

    先日、第1回『講談社NOVEL DAYS』リデビュー小説賞
    にて、拙作『モリス〜悪意と言う名の街〜』が受賞しました。
    やったね! めでたい! ありがとう!
    引き出しにしまってある小説があるけど、投稿するのに良い場所がないよなぁ。
    リデビュー小説賞? なんでもOKっぽいし、試みも面白いしプロモーションもしてくれそうだし、投稿しちゃおうかなと思い切って投稿。
    いや、まさか受賞できるとは、というのが正直

    もっとみる