見出し画像

百万円ゾンビ(2稿−3)

       3

 初めてのライブ……みんな百万円のことばっかり言うけど、僕は自分の曲で誰かと繋がったことと、演奏を立ち止まって聴いてくれていたことの存在が重要だったかな。

 と、将来の自分が足を組んで感慨深そうに語っている姿は想像できないので、妄想を仕舞い、どうして僕は百万円を渡されたのだろうか? という謎に目を向ける。

「百万円は、やっぱり額が大きすぎるよねえ」

 隣に座る小此木さんは、そう言うとトレイに乗っているデニッシュを口に運び、美味しさを認めるようにうんうん頷いた。

 腹が減っては戦が出来ぬだよ、という小此木さんの提案で、僕たちは駅前のパン屋に移動していた。戦をするもりはないけど、考えるのに糖分はいる。僕も燃料補給をするつもりでアイスココアをストローですすり、まったりとした甘さを味わいながら「ですよね」と強く同意した。「投げ銭って額じゃないですよ」

「裏があると見たね。何か企みがないとそんな大金を人に渡さないよ」
「やっぱり、警察に行った方がいいですよね」
「高校生が弾き語りして百万もらいましたって言ってきたら、交番飛び出してギターを弾き始めるかもね」

 小此木さんがそう言って口の端を上げた。真面目に考えて下さいよ、と縋るように見つめてしまう。

「ごめんごめん、そんな顔をしないで。で、お金くれた男の人はどんな感じだったの? 業界人っぽい雰囲気だったとかそういうのは」
「なんていうか、社交的な大学生みたいでしたよ」

 明るい茶髪にほっそりとしたハーフっぽい顔立ちで、大きなシルエットのTシャツを着た、黒髪のマッシュルームカットをした若い男だ。外見からすると、異性から好かれそうな感じがして、どこか遊びなれている雰囲気もあった。

「じゃあ、音楽事務所のスカウトってことはないかあ」
「多分スカウトの仕事は何も言わずに大金を渡すことじゃないと思いますし」

「間違いなく違うだろうね」小此木さんが大きくうなずき、「無言だったんだ?」と訊ねてきた。
「ええ、最後の曲を演奏してたら集まりの端に交じって、終わったらギターケースに封筒入れて帰って行きました。腕組んでぶすーっとした顔でちょっと怖かったんですよね。足踏みしたり、体を揺らしてリズムを取ったりもしてませんでしたし」

「よく見てるねえ。結構余裕あったんだ?」
「演奏をしてるときって、意外と周りがすごく見えるんですよ。集まって聴いてくれたのも十人だったんで、覚えきれないって人数でもなかったですね」

「そうだった、平くんは良ちゃんが認めるくらい目が良いんだった」
「目だけ認められてもね。いつも僕が何に巻き込まれてるのかとか、大事なことを事後報告ですからね」

「そういうところあるよね。表面は取り繕ってるけど、人と合わせるのが下手くそ。でも、平くんは信用されてると思うよ」
「僕のこと目以外に、何か言ってましたか?」
「いい奴だって」

「都合のいい奴じゃないですか?」
「拗ねてるなあ」

 いいえ、全然、とかぶりを振る。僕の話はどうでもいい。大事なのは、そんな目だけ信じられる僕が何を見たのか、だ。記憶に間違いはないという自信はある。

「話を戻すとさ、平くんの演奏に対してお金をくれたってわけじゃないとなると、なんだろうね。お金持ちの気まぐれとか? おれは金と夢を与えたぞ、こんなことできる自分はすごいぞ、って愉悦に浸っているのかもしれないよ」
「自己満足を押し付けられても、迷惑ですね。もっと正しいお金の使い方をすればいいのに」
「募金とか?」
「募金、いいですね。いたずらに僕に渡すより百万倍有意義じゃないですか」

 窓の外、駅前広場では盲導犬の募金活動をしている人たちがいた。レトリーバーが募金箱のそばで暢気に寝転んでいる。今日は休みなんだから仕事はしないよ、と開き直っているようで清々しい。僕ではなく、彼らに百万円が渡されていたら、何の問題もなかっただろうに。

「でも、人にお金をあげる自己満足だとしたら、僕のリアクションを見たり感謝されたりしたいんじゃないですか?」
「平くん、百万円もらったのにリアクション薄かったの?」
「いや、その人、封筒をギターケースに入れたら回れ右してすぐ駅の方に行っちゃったんですよ。お金をあげた相手の反応にも興味がないっておかしいですよね」

 小此木さんが腕を組み、んーと唸り声を漏らす。

「リアクションには興味がなくて、寄付をしたいんだったら、僕よりあっちの盲導犬募金に渡しそうだと思うんですよ」
「臭うね」
「臭う?」
「そのお金、誰でもいいから押し付けたかったってことじゃない? 大金があるけどお店で一気に使えないし、駅のコインロッカーも埋まってた、どうしようかと思ってたところに平くんが目に入ったんだよ」

 言葉の端々から漏れてきた不穏な気配が僕に狙いをつけ、じりじりと近づいてくるようで、ぶるっと怖気がする。

「事件だよ、これは」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

明日もがんばります!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 105本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。