見出し画像

クビキリ(2稿-13)

        13

『森巣くんは信じても大丈かな?』

 僕の心の声ではない。瀬川さんからの着信だ。
 小学校を後にし、思考の迷路に迷い込むように町を彷徨っていたら、スマートフォンが震え、僕は通話ボタンを押した。

「どうしたの? 何かあったの?」
『ええっとね、森巣くんの知り合いって信じても大丈夫かな?』

 絞り出された不安そうな声が、スピーカーから耳に届く。

「知り合い? どういうこと?」
「さっき連絡があってね、森巣くんの知り合いが犬探しを手伝ってくれるらしくて。懸賞金を五十万円にすれば、依頼として引き受けてくれるみたいで」
「そんな、ひどい、弱みに付け込んで」
「成果報酬で、見つからなかったら一円も受け取らない、とは言ってくれているんだけど」

 森巣のフォローをするように、瀬川さんが言葉を続ける。

『その知り合いって、平くんのことじゃないよね?』
「違うよ! 僕じゃないし、知らない人だよ。そんな話も聞いてない」

 森巣は何をやっているんだ? 一旦、瀬川さんを安心させる為に何か言わなければ、と思っていたらいつのまにか通話は終了していた。「森巣の知り合いのことをまだ信じない方がいい」と一方的に告げたのは覚えている。

 僕に吐いた嘘に、突然登場した知り合い、頭の中で疑問が溢れていく。

 森巣に確認を取りたいけどSNSを含めて、連絡先を知らない。瀬川さんに尋ねようかとも思ったが、それは悪手に思えた。森巣に感づかれてはいけないのでは、と警戒し、手が止まる。

 森巣を信用していいのか?
 畳み掛けるように不安に襲われ、胸騒ぎが止まらない。

 この短時間で一体何が起きたんだ? 森巣に対する猜疑心を抱えながら闇雲に町を歩いていたら、森巣と別れた交差点に戻ってきていることに気がついた。

 あの後、森巣は何かを見つけたのだろうか? 真相に近づき、それでその知り合いとやらに相談したのか? その知り合いとは誰なのだろう? そんなことを考えていたら、あるものに目が止まり、足も止まった。

 掲示板がある。そこには、町内のイベント情報や詐欺電話の注意喚起のポスターが掲示されていた。

 あるけど、なかった。

 掲示板はあるけど、瀬川さんの犬を探すチラシの掲示がされていなかった。
 森巣はチラシを掲示しなかったのか? この道を通っていなくて見落とした? そんな考えが脳裏をよぎったが、打ち消す。別れてすぐの場所にある掲示板の存在に気づかないわけはない。

 森巣は、貼り紙をしていない。犬を探していないのか? それか、犬がどこにいるのかわかった、だから掲示板に貼っていないということなのではないだろうか。

 不安からか焦りからか、胃のあたりが捻り上げられていくように痛んでくる。僕は何をすればいいのだろうか。犬探しは森巣に任せていいのか? でも、森巣は僕に嘘を吐いていたんだぞ、と頭の中で言い合いが起こる。

 森巣は怪しい……だけど一体、僕に何ができる?
 手にはチラシの束がある。そうだ、これを掲示するのが、僕の役割なんじゃないのか? 瀬川さんの役にも立てるし、喜んでくれるはずだ。

 だけど、どうしてただろうか、気持ちが前に進まない。
 僕だけ気づいているのに、それを気づかないフリをするのはいいことか? と自問する。
 本当はわかっている。自分はまた、臆病になっているだけだ。言い訳をして、進める道の数を減らしているだけだ。

 僕には勇気がない。
 何かに堂々と立ち向かう勇気がない。 
 困っている人を放って置く勇気もない。
 僕は瀬川さんに力になると申し出た。その約束を破る勇気もないのだ。
 僕にしかできないことが、きっとあるはずだ。
 大きく息を吐き出し、覚悟を決めて踵を返す。
 僕は事件が起きた袋小路に向かった。森巣はあの場所で何かヒントを得たのだろう。
 歪んだガードレールのある道を進み、角を曲がる。そこは例の袋小路だ。左右には塀が立ち、奥にはコンクリートの壁がそびえている。

「森巣は何かに気がついた」

 だから僕も見つけるんだ、そう言い聞かせるように口にした。
 僕だって、塀やコンクリートの壁は調べた。壁に仕掛けなんてものもない。
 行き止まりの壁は無理だ、やっぱり左右の家のどちらかの塀に逃げ込んだとしか考えられない。吠えた声が聞こえなかったのは不思議だけど、その謎が解けなくても、居場所さえわかればいい。
 確かめてみるしかない、か。

 行き止まりの前でぐるぐると歩き回ってから、気持ちを固める。心臓がどんどんと胸を打っているのがわかる。

 ふっと息を吐き出し、ちらちらと周囲を確認してから右側のクリーム色の家の塀に手をかけ、人様の家を覗き込んだ。

 小さな芝生の庭があり、プランターがいくつも並んでいた。プランターには名前のわからない観葉植物が育っている。そんな中、プランターの一つがひっくり返っているのが目に入った。

 体重を支える腕が軋む。他にも見ておかなければ、と視線を巡らせる。奥には縁側があり、カーテンは閉まっている。何か特別なものはなさそうだ。

 降りて、今度は反対側の塀に向かう。不審者だし、覗きなんて悪いことをしている。事件の犯人になった気分だ。罪悪感を払拭するように冷や汗を拭い、塀に手をかける。
 地面を蹴り、覗き込む。
 が、慌てて手を離す。どしん、と地面に尻もちをつき、じんじんと痛みが広がった。
 見つかった! と思った瞬間、

「ワンワンワンワンワンワン!」

 と犬の鳴き声が塀の向こう側から聞こえてきた。
 小さな庭があるのは右の家と同じだった。だけど、こちら側には犬小屋があり、そこに伏せている大きな毛玉のような犬がいた。僕を見た途端に「仕事だ仕事だ!」と立ち上がり、吠え続けている。

 もしや、と思って袋小路を出て表札を確認する。そこには、セールスお断り・猛犬注意というプレートがついていた。森巣はこれを見つけていたのかもしれない。
 左の塀を超えても、犬に吠えられて見つかってしまう。

 消去法で考えると、犯人は右の家に逃げ込んだんだ。倒れていたプランターも気になる。あれはマリンちゃんか犯人が倒して、そのままなのではないだろうか。

 もしかすると、この右の家の住人が犯人の可能性もある。瀬川さんが探しに来ても、居留守を決めればその場ではバレないし、後日訪ねて来られても白を切れば良い。

 犬の鳴き声が聞こえなかった問題は解決されていないけど、瀬川さんが追いかけるまでの時間がかかっていれば、仕方のないことかもしれない。
 一度、一連の動きの検証をしてみよう。

 瀬川さんから教わった通り、角を十メートルくらい離れ、瀬川さんが突き飛ばされたポイントまで移動する。
 まず、犯人から突き飛ばされて、リードごと犬を拐われる。僕は瀬川さんのつもりになって、地面に手をついてみた。

 すぐに立ち上がれるだろうか? いや、しばらくは何が起こったかわからず、呆然としてしまうだろう。眼鏡も外れたと言っていたから、探すのに時間もかかったはずだ。じっと曲がり角を見つめながら、人間は動揺するとどれくらいの間動けないのか、と逡巡する。

 犯人の後ろ姿を思い浮かべ、走らせてみる。背中に大きなXのマークが入ったパーカーが遠ざかる。我に返るのは状況を把握してから、つまり犯人が視界から消えてから、はっとし、「追いかけなくては!」と思うのではないだろうか。

 そろそろ立ち上がる頃かな、とじっと曲がり角を睨む。

「何しとるんだ?」

 突然背後から声をかけられ、心臓が口から飛び出るのではないかと思った。
 振り返ると、目の前にキャラメル色の革靴と、皺の無いねずみ色のスラックスが見えた。視線を上げていくと、見覚えのある顔があり、訝しげに僕を見下ろしていた。

 視線がぶつかったまま、なぜここに柳井先生がいるんだ? と固まり、そういえば瀬川さんとはご近所だと話していたなと思い出す。

 慌てて立ち上がり、「瀬川さんの気持ちを考えていて」と弁解する。柳井先生の眉間の皺が深くなった。「話したじゃないですか、犬を探してるって」

「ああ、はいはい」
「実は瀬川さん、散歩中に襲われて犬を拐われたらしんですよ。それが、ここらしくて」
「襲われた!? ここで!?」

 そう言って、柳井先生が何か痕跡でも探すみたいに、地面に視線を這わせる。

「先生、聞いてないぞ。瀬川も事件に巻き込まれたんなら、言ってくれればいいのに。俺ってそんなに頼りなさそうか?」
「そんなことないですよ! 僕もさっき教えてもらいました」

 時間もあまり経っていないし、不思議な事件だし、気持ちの整理がついてないだけだと思いますよ、と代わりに弁解する。

「で、ですね、犬を拐われた瀬川さんは、どのくらい呆気にとられたのか、ちょっと考えてたんです」
「体を張るなあ。制服が汚れているぞ」
「先生を見てびっくりしました。実際自分が驚くと、体が固まって、どのくらい動けないのかよくわからないですね。結構長く感じたような。ありがとうございます」
「そうか、よくわかんが、俺が役に立てたなら良かったよ」

 先生が苦笑しながら、手を伸ばしてくてれるので、掴んで立ち上がる。

「先生こそ、ここで何してるんですか? 帰りですか?」
「実は、瀬川の家に家庭訪問をしてきたんだ。お母さんも気落ちしていたなぁ。犬とは言え、家族がいなくなったんだから辛いよな」

 柳井がポケットから折り畳んだ紙を取り出し、まじまじと眺める。マリンちゃん、可愛いですよね、と思いながら覗き込み、びっくりして、紙を先生からひったくった。

『発見に繋がる情報を提供してくれた方には五十万円をお支払いいたします』

 三十万円が、五十万円になっている。
 森巣だ、きっと森巣の言葉を受けて、金額を上げたのだ。

「平、どうした?」

 柳井先生が僕を案じるように声をかける。チラシから顔を上げ、先生を見る。困ったよう様子だが、僕を安心させようと、笑顔を作ってみせてくれている。

「先生、僕--」

 瀬川さんの犬が拐われた一連の流れをもう一度整理する。瀬川が犬の鳴き声を覚えていないのなら、やはりこの家の住人が関係している可能性が高い。だが、それだけじゃない。
 消えた犯人に関して、一つの推論が思い浮かんだ。
 自分で思いついておきながら、ぞっとし、困惑した。
 すがりつくような気持ちで、柳井に相談をもちかける。

「クビキリの犯人がわかりました。聞いてもらえませんか?」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

お読みいただき、ありがとうございます!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 53本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。