2巻の2話を書きましょ!
見出し画像

2巻の2話を書きましょ!

如月新一

登場人物紹介
如月:『あくまでも探偵は』を書いた人。2巻は書けたのか!?
泉:講談社タイガの編集長

如月:泉さん、お話があります。

泉:なんでしょうか?

如月:なにとぞご容赦もう2週間もらえませんか!!!
 いやほらあの、1話書くのに2週間かかりましたし、修正+新しくを2週間は…ごにょごにょ。

泉:…如月さん

如月:…………。

泉:大丈夫ですよ! それも織り込み済みなので!

如月:い、泉さん!!

泉:なので、全力で良い原稿を書いてくださいね!!

如月:ううう、ありがとうございますううう。
 (織り込み済みなら、最初からもうちょっとお時間をくれてもよかったのでは…?)
 (だが、まあいい。何故ならこちらにも計画があるからだ)
 (あえて弱気な提案をしておこうことで、心に余裕を取り戻したぜ)

~10日後~

如月:はぁ、はぁ、はぁ、く、こ、コイツをどうか。げ、原稿です。

泉:如月さん、そんなボロボロになって……拝受!

如月:(書けた。とは言え、心配だ。今回は、本気で心配だ)
 (なぜなら、冒頭からプロットにないことをしているし、展開もプロットにないことをしているし、プロットにいない登場人物が出てくるし、なんなら事件と謎もプロットにないことをやっている)

泉:…如月さん? こ、これは?

如月:いやほら、その、ね? 2話目の原稿です。

泉:めちゃくちゃ良くてびっくりしました。

如月:プロットにないことしてるのに?

泉:プロットにないことしてますけど笑
 面白ければ何やってもいいってことじゃないですけど、二人のことやエンタメに振り切っている感じがすごく好感を持てました! 楽しかったですしね!

如月:いー、やったー!

泉:まあ、強いて言うならば…
 読者が嬉しい時は嬉しく感じるような書き方を、ショックを受けるときはショックを受けるような文章の厚みを、平の目的を読者が応援できる読み筋を作って欲しいですね。

如月:あー、わかります。2話目、プロットのままだと地味というか盛り上がらないと思ったので新しく考えたんですよ。
 なので、その事件をどうやって解決するか? を考えることにリソースを割いてしまったので。ちょっと、登場人物置いてきちゃったかもしれないです。

泉:自覚があるなら、直せそうですね!
 1シーンごとの役割を意識して、彼らにとってどういう意味があるのかを意識して書くと無駄もなくエンタメが書けると思います。

 あと、如月さんはまだキャラクターを書けると思いますので、1人称小説の強みを生かした感情の書き方をしてみてください!

如月:あー、それもわかります。照れじゃないんですけど、自分が小説を読んでいて主人公の気持ち描写が長いとちょっと引いちゃうんですよね。乗れないといいますか。

 淡泊だなあっていう自覚もあるので、自分の好みだけじゃなく、読みたい文章を書けるように気を付けます。

泉:あと1話目の修正に関しては、2巻の冒頭でもあるので、10Pまでにテーマ提示してもらいたいですね。平が何をしたい物語なのか? です。

 登場人物紹介もしっかりしてあげてください。2巻から読まれる方もいるので。しっかりその読者も楽しめるようにしましょう!

如月:承知しました! 内容についてはいかがですか?

泉:内容については、〇〇〇〇(ネタバレ防止)が登場するじゃないですか。これは変えましょう。

 現状で問題なのは、おそらく本編で書かれていることとは別に問題だと思うんですよね。なので、これは成立しないかと。そして、このことにも森巣が気付かないと、森巣の頭の良さが下がってしまうんですよね。

如月:ううう、ごめんよ森巣、僕があほなばかりに。
 資料買って読んで、再検討いたします!!

泉:では、お次はいよいよ。

如月:1-2話目の修正もいたしますが……3話目、2巻の最終話ですね。

泉:2話目の終わりから、3話目、一体どうなるのか。楽しみにお待ちしております!

如月:どう終わるのかって、プロットは読んでいただいているじゃないですか。

泉:どうせプロットにないことをするんですよね? 止めませんよ。

如月:さすがですね。それでは、2週間後に。

泣いても笑っても、2巻の最終話。
如月は無事に書き切ることができるのか!?
(できるんですけども)

『あくまでも探偵は もう助手はいない』(講談社タイガ)
2022年3月15日(火)発売!!

ご予約、応援、なにとぞよろしくお願いいたします…!

つづく!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
如月新一

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

とっても嬉しいです…!
如月新一
作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。