見出し画像

知ってますか? 京極夏彦、おすすめですよ。

毎朝、コーヒーメーカーでコーヒーを5杯分入れて、それを飲んで過ごしてたんだけど、俺は不眠症だし、そろそろカフェイン抜いてみるかと思って昨日からデカフェに変えた。
この前、お母ちゃんもビール飲むのやめてノンアルコールビールに切り替えていたしね。私も変えてみるかって。

集中したくてカフェインをキメるためにコーヒーを飲んでいた気持ちがあって、カフェイン抜いたせいでパフォーマンスが落ちたら困るなあって思ってたんだけど、健康優先で試してみるよ。

デカフェの感想。
「あ、思ってたよりコーヒーっぽい」
飲み比べて違いを探すぞ! ってなったら、コーヒーと違うかって思うかもしれないんだけど、口さみしいとかルーティーンとして飲むためならいいかも。
問題は夜中に目が覚めないようにしたい、だからこの効果には今後期待。

不健康でいうと、私はまあ甘いものが好きだからこれも考えていかないといけなくなるんだろうか。最近はお菓子食べることも減っていて、チョコもカカオ72%を1つか2つ食べる、くらいになった。
こうやってじわじわと、健康志向になっていくのだろうか。
まあ、不健康がっていうか、病気が怖いしね。
年末か年始に健康診断に行きたいぜ。
やー、なんかある気がするー。

原稿は長編推敲を引き続き。
良いペースで走っているので、今週中に一周したいな。がんばれば走れそう。ただ、粗くはしたくないので、しっかり読みやすくもしていきたいところ。

最近、京極夏彦の『姑獲鳥の夏』を読み始めたんだよね。
時代もので文章難しいのかなとか、分厚いから大変そうだな(もしつまらなかったら長く付き合うの嫌だな)って思って手を出してなかったんだけど、そろそろいけるかもと思って読んでみた。
やー、面白い!

っていうかさ、文章がめちゃくちゃ読みやすくてびびったよ。語彙があるのに難しい単語で調べなきゃわからないとかないし、いつ誰がどこで何をしたかがちゃんとわかりやすいし、それが読みやすい語順だし、風景描写がしっかりしていて感情がわかるし、キャラ立ちしていて読んでいて楽しいし、文章がとにかく読みやすい。読んでてストレスがない。

なんか、私も生意気になってしまって、買った小説を読んでて「文章が読み辛い」ってなると、読書そのものが嫌になっちゃったりするから、文章が苦手だなっていう小説は積読しちゃうようになった。

読み辛い本を読み始めると、あれ、読書してるのに楽しくない? ってなって、いやでも、作家なんだから楽な読書ばかりするのもよくないし、好きなものばかり読んでいてもだめでしょと思って食い下がろうとして、結果、読書がつまらないって読書離れしてしまうから、読みやすい小説を読むとすごく嬉しい。

アイデアとか物語の良さっていうのも大きい武器だと思うんだけど、読みやすい文章が一番強いんじゃないかなって気がするんだよな。読みにくいと最後まで読まないし。
っていう風に、私の小説も人から思われると思うので、明日からもしっかり読みやすくなるよう直していきます。

知ってますか? 京極夏彦、おすすめですよ。

サムネは近所のケーキ屋さんで買った紅茶味のケーキ。
甘いもの食べるの減ったって言ってませんでしたっけ?
減ってはいるよ。でも、甘いものはほら、おいしいから。

本日閉店

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!