見出し画像

打ち合わせをしましょ!

登場人物紹介
如月
:リデビュー賞を受賞した作家
河北:講談社タイガの編集長
:講談社タイガの編集者
佐渡島:コルクの如月担当編集者

如月:打ち合わせでご相談したいのは…

如月:一冊の本って考えた時の構成がまず悩みどころですね。ボリュームでちゃってますし。

如月:三冊は出す、というお話を最初の打ち合わせでしていただきましたが、俺たちの戦いはこれからだ!って終わり方にはしたくないんですよね。

如月:シリーズ化をさせていただけるのであれば、平と森巣の関係が終わるまで、だと思うんで、そのあたりの含みを入れつつ書けたらいいんですけど。


如月:今、ラスボスを倒すっていう意味で、“商人”との対決、みたいな構図になっているのですが、それに合った構成になっていないような気もするんですよ。みすず殺しの犯人と半グレグループの滑川を潰す、くらいのスケールにしようかなと。風呂敷を広げすぎちまったって反省してます。


如月:森巣と敵対する悪がしっかり描けていなかったせいで最後に犯人をやっつけてもカタルシスがないと思うので、そこも書かないといけないのでは? という気がするんすよね。3話目の脱法ドラッグ回で滑川の悪事はしっかり書こうと思ってるんですけど。


如月:首を切られて殺された被害者のみすずがヤギマスクの男に監禁されているシーンを挿話して、読者はみすず殺しを読まされていると思いつつ、三話目の後に挿話に戻り、実はヤギマスクが森巣で監禁されているのがみすず殺しの犯人だとわかり、時系列でラストに繋がる、という構成とかも考え中です。

泉:如月さん、意外とちゃんと考えてるんですね。

河北:泉、考えてるんですねは余計だぞ!

如月:いや、意外とが余計だわ!

佐渡島:でも、まずキャラの話をしたいな。森巣のキャラのリアリティ。

如月:まあ、高校生探偵(仮)って時点でリアリティはないっすよね。『金田一少年の事件簿』みたいな感じのレベルのリアリティでいいんじゃないかなと思ってます。

河北:
(とうとう、講談社のマンガで例えを!)

如月:僕は就活の時に、モーニングの話が聞きたかったので、説明会だけ行ったくらい講談社大好きですよ。

泉:講談社は受けなかったんですか?

如月:そもそも就活をしなかったですね。


泉:(…………)

如月:延命のために大学院に行って、大学で原稿書きながらフランスパン一個買って、飢えを凌いでました。

泉:(…………)

如月:なんすかその目は! フランスパンはコスパ最強ですよ!!


河北:話を戻すと、リアリティレベル下げてでも、魅力的なキャラにするのは賛成です!

泉:森巣のリアリティレベルを下げてでもすごいヤツに見せる最大の目的は、その軸になる思想を明確にすることです。私利私欲で動く小さいやつになっちゃうともったいないですしね。

如月:書いててすごい難しいのが、森巣と平のバランスなんですよね。森巣って本当はすげえ獰猛な奴なんですよ。容赦がない。スマートだけど、自分の手も汚すことを厭わないような奴で。

如月:そして平が思いの外常識人なんで、森巣が大胆なことをしちゃうとドン引きして離れちゃうんですよ。


佐渡島:じゃあ、平はどうして森巣と一緒にいるの?

如月:自分にない魅力があるからっていうのもあるんですけど、そこは森巣に惹かれてるものがあるからですね。

如月:例えば、「クラブ行こうぜ!」って他の人に誘われても断るけど、森巣に「クラブ行くぞ」って言われたら、平は「僕初めてなんだけど」って言いながら着いてっちゃう。


泉:めっちゃいいですね!! わかりやすい笑

佐渡島:平がそう感じるってことは、森巣にはカリスマ性があるわけだから、森巣をただのやんちゃな子にはしたくないよね。

如月:うーん、やんちゃってのは、人の物差しだと思うんですよね。万引き犯もネットで人を脅すのも、嘘吐いて儲ける奴も、大量殺人犯と、やんちゃな奴の違いって僕はないと思っていて。

如月:やんちゃで済ますかどうかは、人の感じ方なので。犯罪の美学だとか思想だとかを持ち出すような奴は一見やんちゃっぽくはないですけど、法律やルールを破ってるって意味じゃただのやんちゃで、持て囃したくはないんですよね。

泉:だったら、やっぱり森巣がすることの理由に対して平がどう感じるか、を丁寧に描いてあげたいですね。
平くんの地の文にも影響が出てくるかと思うので、そこで「感情線」をしっかりと捕まえていきましょう!

如月:そうか、森巣のすることや勝利に酔ってしまったり、ギャップに戸惑ったりを描くことで、平から見た森巣の得体の知れなさが描けるんですね。どんなことをしてるから悪なのかじゃなくて、僕と違うぞ、こいつはなんなんだ!? ってのが書きたいので。


河北:この作品の勝負、キモは、やはり森巣だと思うのですよ。彼が魅力的になればなるほど、この物語は面白くなるはずです。
彼自身の言動には謎が多くてもOKですが、明らかになったときに、「そうだったのか」と納得できれば完璧ですし、そんな危険性のある森巣に平が着いていくことも、「何で着いていくんだろう」ではなく「そんなに魅力的なんだ」と読者に映るといいですよね!

如月:キャラについて、だいぶ固まりましたね。ありがとうございます!

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

お楽しみいただけて幸いです…!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 71本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。