見出し画像

続々第3回打ち合わせをしましょ!

登場人物紹介
如月:
リデビュー賞を受賞した作家
河北:講談社タイガの編集長
泉:講談社タイガの編集者
佐渡島:コルクの如月担当編集者

如月:さあ、さっきの案はありですか! なしですか!?

河北:それについてお答えする前に、滑川について再考しましょうか。

滑川って、悪人ではあるんですが、これまたトリックスターですよね。知能犯。

だとすると、如月さん的にも、滑川は森巣をただボコるのではなくて、完膚なきまでにたたきのめそうとするんじゃないかな、と考えている。

だから、滑川は森巣と「勝負をする」って流れですよね?


じゃ、そこで賭けるのは「平」になるわけですよ!

如月:!?


河北:勝手な想像ですが、滑川は〇曜日までに平を殺す。そこまで守り切れたらお前の勝ち、みたいな勝負でしょうか。森巣は平にそのことがバレないように必死に平を守っている。毒とか呑まされたり? 点滴に毒が入っていたり? 途中で、平にそのことがバレて大喧嘩。でも、二人で相談して滑川を逆に罠に嵌めて勝利、とか?(この通りにしてください、ってことではなくあくまでサンプルです!)

如月:にゃるほど。
滑川が平を叩いてみたら、森巣が意外とムキになったので、これを使うかって感じになりそうですね。

泉:おそらく滑川の犯罪「計画」という部分に引っ張られているのだと思うのですが、今回の一番の見せ場は森巣と滑川の対決シーンなんじゃないですかね。

泉:逆にいうと、滑川の行動は対決シーンに導くための「流れ」であり、そこに本丸がある必要はないように感じます。 ここまでついてくれた読者に対する一番のサービスは、モリスの内心が分かること、平くんとの関係が進展することです。
そこに力を注ぐために、滑川の行動原理はシンプルにし、凝るなら実際の対決部分にするのがいいのではないでしょうか!

如月:>ここまでついてくれた読者に対する一番のサービスは、モリスの内心が分かること、平くんとの関係が進展することです。

如月:なるほどー! すごろくのマスにどんなことが書かれてるか、でサービスしないといけないよなあ、4話目はどんなこと書いてあるんだあ、と考えてばかりいたので、大変助かりました。指針がちゃんと立ちました。


如月:佐渡島さん的にはどうです?


佐渡島:B案の方が魅力的だけど、設定はシンプルで、キャラの描き方を凝るがいいよ!

如月:じゃあ、ざっくりまとめると、
・殺し屋勢カット

・平は森巣にとっての初めての仲間だったので、まさか平が襲われたことにこんなに動揺するとは、となっている

・二人が協力したから勝てた感

・森巣の成熟していないところと人間臭さを

・B案で

って感じですね。

泉:ですです!

如月:【ざっくりあらすじ】もまとめますと、

「森巣良とは何者か?」

平が何者かに襲撃されて入院する。滑川の罠だと知りつつも、森巣は居てもたってもいられずに見舞いに行く。森巣に変わったことがないか尋ねられ、平の見舞いの品がなくなった話を伝える。やけに険しい顔をする森巣。

そんな中、二人が病院で2話目の店長と出会う。強盗ヤギで共犯になってから、ずっと滑川の言いなりになっているらしい。個室病室にいるから、一緒にやっつけないかと提案を受ける。平は信じているが、森巣は嘘だとわかる。こいつが俺たちの情報を滑川に売ったな、と。

平が、自分への襲撃は滑川絡みなのかと勘付き、森巣と口論に。みんなと足並みを揃えるべきだVS自分の力で戦うべきだ。森巣を信じていいのか?

その日の夜、平は病院の図書室にいる男の癖と自分を襲撃した奴の癖が同じだと気づく。カマをかけたら、同一人物だとわかるが、そのことを相手にバレる。男が滑川だとわかる。森巣に助けを求めたいけど、離れているしきっと間に合わない。

滑川からゲームを提案される。

「この二つの菓子のうち、一つには毒が入ってる。食べたら電話をかけさせてやる」

差し出されたそれは平の盗まれた見舞いの品の中にあるものだった。森巣にもわけている。「悩んでる間に、毒を食べてるかもしれないぞ」と言われる。

「どちらも毒だろ」

「じゃあ、私もひとつ食べよう」

そんなやりとりをした後、平は滑川に森巣がいつかお前を追い詰めると伝えてひとつ食べて、森巣に電話をかける。菓子を食べるなという話と、場所、滑川に負けたという話を伝えたあとに、倒れる。滑川の悪の演説を聞く。

そこに森巣が来る(患者衣を着ている)平が倒れる。滑川は登場に驚きつつ、負けたら平の解毒剤を渡すという条件で同じゲームを提案し、森巣が承諾。選ぶ順番を、森巣がコイントスで決めようと言い、滑川が提案に乗る。コインを空中に弾き飛ばした直後、森巣が滑川をぶん殴る。何してんだ、と思いながら平の意識がなくなる。

平が目覚める。図書室で座っている森巣から、金を詰んで入院していたこと、滑川がゲームに使っていたのは睡眠薬だろうという話を聞く。滑川も時間差で倒れたのでは? と思うが、殴りたかったから殴ったとのこと。そして、一人で滑川に挑んだことに敬意を示される。

で、滑川をどうするよ問題になる。森巣が手配した業者が来るのが先か、滑川が自首の電話をかけるのが先か賭けをすることにして、退場。展望フロアで、森巣と朝を待つ。

「森巣良とは何者か?」の答え


如月:っていう感じでどうでしょうか?

っていう感じでどうなのか!?


つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

お楽しみいただけて幸いです…!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 105本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。