見出し画像

続打ち合わせをしましょ!

登場人物紹介
如月
:リデビュー賞を受賞した作家
河北:講談社タイガの編集長
:講談社タイガの編集者
佐渡島:コルクの如月担当編集者

如月:キャラクターの話をまとめると、森巣という登場人物を産みたくてスタートした企画なので、ちゃんとみんなにも魅力的に見えるようにしてあげたいですね。
で、物語としてはミステリ的な快感と平に読者がちゃんと共感してくれていたら一緒に森巣についていきたくなると思うので、妄想を膨らませます。

如月:あと、映画の『メランコリック』を見てきまして、ああやっぱ相棒のために行動するっていいわぁ、物語の大きなカタルシスになるわあ、と思いました。4話とラストもラスボス倒す、ってだけじゃなくて、二人の関係性描きたいですね。

河北:構成の話にちょっと移ると、4話目(最終話)を新作にするとなると3話目をどうしましょうか。全4話構成にしたいので、旧5話(最終話)をカットするとして、旧3話(100万円)と旧4話(脱法ドラッグ)のどっちを残すか。

泉:それは、100万円ですね。

如月:それは、100万円ですねー。そっちの方が気に入ってますし。

如月:脱法ドラッグの話って、100万円で平たちがこういうことに巻き込まれてる間、一方その頃森巣はこんな事件を解決してましたって話なので、脱法ドラッグの話単体だと良さがない気もするんですよね。


河北:(そういう設定だったのか)

泉:(気付かなかった)

如月:<3話目>
弾き語りして100万円をもらい、なぜもらったのか? という話に変更。
平が一人でも大丈夫というわけではなく、森巣が安楽椅子探偵ポジションに。
森巣が真相を告げ、平を利用したこと100万円で平を買収しようとする。友情を金で買おうとしたことに本気で怒る平。
って感じで、4話目で仲直りする、コンビ結成できるのか、って流れにしますかね。

河北:プラス、その100万円に関しても、森巣が一枚噛んでそうですよね。裏で動いている事件は、森巣の計画だった、という感じがしそうです。そちらの方が、森巣の悪と行動力が出る気がしますよ。
採用です。


泉:3話目の構成、いいと思います!!

如月:<4話目>
平は森巣と関わるのをやめていたがピンチを知り、森巣を助けに行く。平は敵に捕まるが、森巣に助けられる。森巣的には、やって来た平に感動。仲が深まる話。ラストでコンビ結成?

如月:滑川という敵がいて、倒すという流れは用意する。
滑川は人の悪意に犯罪の機会を与えている悪人。
1話目では凶器を提供して、2話目ではアイデアを提供して、3話目では滑川の部下が森巣に踊らされる。滑川は自分に敵対行動をとる森巣を捕まえて売り飛ばそうと考えている。


如月:<エピローグ>
・森巣がボストンバッグを持って2話目のカフェに行く。オーナーと話をして、平と自分を滑川に売ったな? と話す。弁解しようとするオーナーを撃つ。
・店に殺し屋がやって来て、眉を顰める。
「一人で何かするのはやめる」という平との約束を破ってしまった。友情っていうのは難しいなあ、と思いながら森巣は叶に金の詰まったバッグを渡し、死体の後始末を頼む。

如月:みたいなことを考えてます。

如月:1話目と2話目でねじ込んだのですが、森巣が利用してる花屋の店員が殺されて、っていう筋が規模としっくりこなくなってしまったんで、やっぱりやめようと思います。


河北:4話目、森巣が敵との対決に向けて動いていて、その対決が敵の罠で平が助けに行く、という流れはいいと思いますよ。平の助けはいらなかったけど、来てくれたことは嬉しかった、ってなったらくすりときますね。


泉:エピローグの、現代日本で銃撃事件は厳しいかもですね。ヤクザであろうと逃げ切れないことが多いくらいなので。

如月:あー、ですね、リアリティバランス考えて銃はやめときますか。

如月:(現実が追い越してしまうとは、この時知る由もなかった)


泉:気になることがあるとすると、森巣が「悪」である、という提示は、現時点のプロットではあまりないように見えますね。
→ラストの銃殺は確かにまごうことなき悪ですが、森巣の信念は単純な報復を行うようなものでしょうか? ここからは妄想なのですが、森巣は将来の巨悪だからこそ、自分の正当性を疑っていない気がするんですよね。


泉:例えば歪んだ宗教観で人を殺した神父は、殺した後に「神よ、彼を赦し給え」とかぬけぬけと言い放ちそうです。じゃあ、森巣は殺した時に、何を言うのでしょうか。

如月:人を殺して捨て台詞ってやつですね。

如月:森巣は、見えたゴミ箱をゴミ箱に捨てるっていうタイプなんですよ。それに躊躇がないから怖いんじゃないかなと思います。

如月:探偵って他人の問題に介入するんですけど、横浜にいるけど北海道にいる酷い奴は放っておけるのかよ? ってなっちゃうので、あくまで自分が見たゴミを捨てるっていう感じですね。

如月:ゴミを捨てたぜ! とは言わないと思うんで、あまりにも普通なので、周りの人がびっくりすることで、キャラの魅力が出そうですね。


佐渡島:だいぶキャラが掴めて来てるね。じゃあ、その感じで3話目も書いてみようか。

如月:了解ウォッチ。

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

お読みいただき、ありがとうございます!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 71本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。