見出し画像

11月9日は「119番の日」(365日小説)

 僕であったものが燃えていく。

 ほっとするけど、胸騒ぎもするし、ワクワクもする。

 めらめらと燃える、とよく表現されるけど、揺れている炎を見ていると、本当にめらめらという表現がよく似合っていた。

 深夜、閑静な住宅街にある近所のゴミ捨て場、ゴミでぱんぱんに膨らんだゴミ袋は、最初は火を嫌がるように縮んだけど、ぽっと火が着いてからは何かの生き物みたいに大きくなっていき、めらめらと燃え上がった。

 火種になったのは、通っている塾の模試の結果がプリントアウトされた紙だ。

 全科目、全国10位以内、偏差値は70前後、志望校判定はA判定。

 成績の良い小学6年生。それが僕だ。

 だけど、それがなんなんだ? 良い結果を出すために生きているのか? 良い学校に行き、良い会社に行けとお父さんに言われている。コースアウトしてはいけないと言れている。僕は言われた通り走っている。

 だけど、楽しくない。昨日と今日が同じだ。ワクワクすることが何もない。

 そのことに気がついてしまった、そんなときだった。

 道でジッポーライターを拾ったのは一ヶ月前のことになる。『インディ・ジョーンズ』の映画で、洞窟の中で灯り替わりにライターを使っているのが印象的で、僕にとっては勇者の剣、くらい格好いいものに見えた。

 今日のことを、妄想する毎日が続いた。深夜にこっそり家を抜け出して、下らないと思っていることに火をつけることを。

 それで、新しい自分になれる気がした。お父さんやお母さんは、僕が放火をする悪い子になるなんて考えてもみなかっただろう。

 ゴミがゴミに燃えうつり、燃え方がゆらゆら、から、めらめらになっていくのを、見守っている。

「おぉ、燃えてんねぇ」

 背後から声がして、振り返ると、不思議な女が立っていた。

 髪は短い緑色で、高身長なモデル体系をし、着ている革のライダースジャケットにダメージの入ったジーンズが格好良いけど、靴はビーチサンダルを履いている。

 カラーコンタクトでも入れているのか、黄色い瞳が大きくて、見つめていると飲み込まれそうになる。夜にふさわしくないほど肌が白い。頭の中で、彼女がどんな人なのか想像できない。

 僕は、何か出会ってはいけないものに出会ってしまったような気がした。ごくりと生唾を飲む。

「やるじゃんボーイ」
「あの、僕が来たときには、燃えていたんですよ」
「つまんないこと言うなって」
「嘘じゃないです」
「なんで、こんな時間に外にいるのさ。丑三つ時、良い子は眠る時間だぜ」
「……それは」
「それに、あたし見てたしね」

 女は「ひゃっひゃっひゃっひゃ」と笑い、唇の端を上げて、尖った八重歯をのぞかせる。

「そばで見てたんだって、気づかなかったかなあ?」

 嘘だ、そんな馬鹿な、と内心で焦る。僕はちゃんと周りに人がいないことを確認してから、火をつけたはずだ。

「燃えるゴミって言うけどさ、ゴミって全部燃える気がしない?」
「缶とか瓶は?」
「すごい高温だと燃えるっしょ」

 女はそう言うと、火が次のゴミ袋へ次のゴミ袋へと燃え広がっていくのを、楽しそうに覗き込んだ。「ここんとこ、ぐっと冷え込むようになったよねえ」

「あなた、なんなんですか?」
「自己紹介は自分からするもんだよボーイ」
「……志摩京介」
「小学生?」
「六年」

「あっっそう」

 僕が誰なのか興味なさそうな言い方だった。

「放火犯ですって言やぁいいのに」
「ぼ、僕は自分のことを言いましたよ」

 次はあなたの番でしょ、と視線を向ける。

「そうだねぇじゃあ、あたしの名前はボニー。相棒のクライドと銀行強盗にあけくれてたけど、1934年5月23日に警官隊に待ち伏せをされて、マシンガンを150発以上ぶち込まれた。はずなのに何故か生き残っちまったボニー。死なないもんだから、悪いことをしながら過ごしてる。こんなんどうよ」

 こんなんどうよ、と言われても、どういう反応をしていいかわからない。

「ニュース見てない? 最近だとコンビニ襲ったり、路駐してる外車ぶっ壊したり、ヤクザの事務所に火炎瓶投げたりして、がんばってんだけど」

 それらのニュースなら知っていた。「新聞を読むように」とお父さんに言われているから読んでいるし、近所で事件が起きている、ということに興味がった。

 むしろ、それらの事件を知っていたから、僕もなにかやってみたい、と思った自分がいた。好奇心が刺激されていた。怖いことだけど、興味を持った。

 全ての事件が繋がっているなんて考えてもいなかった。いや、ボニーのホラ話かもしれない。生い立ちはさておき、彼女の口ぶりからは、それが本当だと思わせるすごみがあった。

 10袋くらいあったゴミの内半分ほどが燃えている。不思議な時間が流れていた。騒ぎになる前に、人が集まる前に逃げ出したいと思うけど、ボニーと話をしている間は誰にも邪魔されないような気もした。

「どうして、そんなことをするんですか?」
「楽しいからに決まってんじゃん。あたしの人生だから、あたしが楽しいと思うことをしてんのよ」

「他の人の気持ちとかは考えないんですか?」
「カンケーねーし。捕まるか撃ち殺されるまでやるだけよ」

 ボニーが愉快そうに「ひゃっひゃっひゃっひゃ」と笑う。

「キョースケには道が二つあるよ。一つはこのままバックレる。もう一つは、119に電話する」
「どっちがいい?」

「あんたの道だよ、あんたが決めな」

 交差点の前に、ボニーが立っている。どっちに進むの? とにやにやしている。

 ばくんばくんと心臓が騒ぐ。

 それと同時に、冷静になっていく自分がいた。

 悪いことをすれば、自分が変われるんじゃないかと思っていた。だけど、ボニーを見て、自分はそんな風にはなれないのだ、と思い知った。僕はただ迷子になってる小学六年生だ。

「……電話します」

 ボニーは僕のことを忘れないでいようとするみたいに、時間をかけてじーっと僕の顔を見た。

「ざーんねん」

 ボニーはそう言うと、僕に背中を向けた。

「また会える?」

 とっさに自分の口から言葉が飛び出ていた。

「会いたい?」
「……会いたい」

 ボニーが体を捻り、革ジャンのポケットからタバコの箱を取り出すと、燃えているゴミの中に放り込んだ。

「もったいないけど、これで共犯。キョースケがこっちを見てるとき、あたしもキョースケを見てるよ」

 そんなよくわからないことを言うと、ボニーは歩き出して夜の中に溶けるように消え、僕はスマートフォンを取り出して119にダイヤルをかけた。

 炎が怪物みたいに全てのゴミ袋を飲み込み、奇妙な動きを続けている。僕はそれを眺めながら、自分はずっと一人でこの場にいたような気もするし、不思議な女に出会ったような気もした。

 悪さをすれば自分が変わるなんて、安易だった。

 僕は僕の人生をちゃんと探さないといけない。 

 近づいてくるサイレンの音を聞きながら、やっとわかった。


(つづく)

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

明日もがんばります!
10
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

この記事が入っているマガジン

365日小説〜毎日なにかの特別な日〜
365日小説〜毎日なにかの特別な日〜
  • 13本

毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

コメント (4)
もしかして、毛皮のマリーズはお好きですか?
ちょっとこのバンド名があたまに浮かびました。
虹崎倭富さま
ご感想ありがとうございます…!
マリーズもドレスコーズも大好きですよ!
志磨さんは僕のロックンロールアイドルの一人です。
志摩って名字を打ったら、語感が遼平に近いものを選んでしまいました(苦笑
ロックンロール大好きなので、“いかがわしいけど惹かれる格好いいもの”には憧れてしまいますね。影響も受けまくりです。
今回書いてるときのBGMはピロウズの「Stalker Goes To Babylon」でした。
つづきありがたし!^_^
ほんとうまいなぁ。発想どこからくる?こんな漫画描きたいよ・・・笑
こっしー、読んでくれてありがとうー!
いやいや、こっしーすごい漫画描いてるじゃん!!
今回はキャラとヒキを意識して考えたよー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。