夏の魔物

おやすみと、おまけ小説

こんにちは、如月新一です。
外は寒いのに、電車とか建物の中は暑くて、なんかまいっちゃうよねぇ、という季節ですね。私は暑いのが大の苦手なので、はよ冬になりきってくれと思っております。
みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

私は完全に体調を崩しました。

『365日小説』本日おやすみいたします。
いつもお読みいただき、ありがとうございます!
また、スキやコメントやサポートも、大変励みになっております…!
お楽しみいただけているとわかると、ほっとしますね。
体調戻りましたら、また毎日書きたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

また、毎日その日がなんの日かをお題に書いておりますが、一日経つと「うーん、もっと良くできたのでは?」と腕を組んだり、アドバイスをいただいたりしており、作品をブラッシュアップしたいなぁとも思いましたので、新しく書くのではなく、修正する日も作ろうと思います!
よろしければ、修正したものもお読みいただき、前よりよくなったなぁ、とお楽しみ頂けますと幸いです。

引き続き、『365日小説』をよろしくお願いいたします…!
みなさまも、くれぐれもお身体にはお気をつけくださいませ。

以下、昔書いた『夏の魔物』という掌編になります。
大学時代、友人から「夏・ホラー」とお題をもらって書いたものです。
引き出しにしまっておくのもあれだし、改めて発表する機会もないなぁと思っておりましたので、季節外れの物語ですが、この機会にお楽しみ頂けますと幸いです。
ではではまたまた

ーーーーー夏の魔物

「桜の花びらが消える理由、花粉症のマスクがコンビニから消える理由、カタツムリが姿をくらます理由、蚊が現れる理由、そういう理由は全部、ぼくが指を鳴らすからなんだ。ぼくが指を鳴らすから、夏が来るんだよ。ぼくは夏実行委員みたいなものだね」

 そう伝えると、隣に座る男子中学生が「は? なんだお前。意味わかんねーし」と口を尖らせた。

 夕暮れ時、なかなかやって来ないバスをベンチに座って待っていたら、隣に中学生が二人腰かけた。男子と女子だ。夏休みに入ったから、二人で海にでも行きたいねであるとか、花火を見に行こうであるとか、遊園地は混むであろうか、なんて話をしていたのが聞こえてしまった。付き合い始めなのか初々しい。

 たとえば、漫画家が隣で自分の描いた漫画の話をしているのを偶然耳にしたら、「それ、作者私なんですよ」と言いたくなるのではないだろうか。それと同じだ。ぼくは思わず、口を開いていた。「それ、ぼくが指を鳴らすからなんだよ」と。

「ちょっと、やめなよ」と男子は女子に嗜められた。ものわかりのいい子は好きだ。と、思っていたら、「子ども相手に、ムキにならないの」と注意をつづけた。

 理解してくれたわけではないのか、とぼくは肩透かしを食らう。

 しかし、男子の方は二人きりの空間を邪魔されたと思ったのか、ぼくのませた喋り方が気に入らなかったのか、女子の前で面白いことをしたいのか、まるで一休さんにとんちをせまるみたいに訊ねてきた。

「じゃあ、指を鳴らしてバスを呼んでみてくれよ」
「よしなって」

 女子が止めに入った。何故、優しそうなこの子が、怒りっぽい男子の彼女なのか不思議だ。

「馬鹿だなあ。バスが来るのは夏と関係ないじゃないか」

 思わずそう口から言葉が漏れた。男子は明らかにむっとした様子になり、「あほくさ」と呟いてつまらなそうに顔をしかめた。女子の方も、男子がへそを曲げてしまったものだから、どうしていいのかわからない様子で、眉を下げてぼくを見て「ごめんね」と囁いた。

 仕方ない。僕が我慢できずに話しかけたのが悪かったというのもあるし、お見せしよう。

 パチン。すると、蝉がミーンミンミンとどこからともなく鳴きだした。

 パチン。すると、汗が滲み、二人のシャツが身体に張りついた。

 パチン。すると、アイスキャンディーの屋台を引いたおじさんがそばを通った。

 パチン。すると、蚊取り線香の香りが鼻孔をくすぐった。

 ぼくが指を鳴らすのに合わせて、二人が目を剥き、口を大きく開けていく。

 ぼくは気をよくして、オマケに指を鳴らす。

 パチンパチンパチンパチン。

 夕暮れの空に、ひゅーっと光の線が登り、轟音と共に弾ける。光の粒が拡がって巨大な花を咲かせる。ドーン、ドーンと夏の象徴がその存在を響かせた。突如として現れた花火に、男子が目を丸くし、思わず言葉がこぼれたといった感じで、「なんだよこれ、すげーな!」と口にし、視線を移して女子に同意を求めた。

 だけどベンチにはもう、ぼくと男子の二人しかいない。

 夏なのだから、怖い話もあった方がいい。

 パチン。                      

(おしまい)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

お楽しみいただけて幸いです…!
17
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html
コメント (1)
はじめまして!フォロー有難うございます😁
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。