見出し画像

タイトルをつけましょ!!

如月新一

如月:『あくまでも探偵は』の続刊、タイトル案を考えてきました!

 1巻のタイトルの評判が良かったので、2巻でも「あぁ、そういう意味だったのか」となるような回収ができたら評価上がるのでは?と意識しました。はい、ドーン!

<タイトル案>
助手は、もういない
もう助手はいない
あくなき助手が
堕探偵
春の終わり

ネタバレになりそうな踏み込みすぎたものは消しましたが、どうでしょう?

泉:いいやつもありますね!!

如月:遠回しにダメなやつがあると言っている!!
 まあ、僕も数を増やすために書いたのもありますが。

泉:個人的には、タイトルはサブタイトル案としてかなり良さそうな気がしました!

「もう助手はいない」は、時間の流れを感じさせつつ、フックもあるので私は押しますね!!

如月:おー、本当ですか?
「もう助手はいない」は『あくまでも探偵は』と並べたときに、統一性があるような感じを意識したんですよね。ただ、単体としては……

泉:弱いですね。

如月:”探偵”に求心力はありますけど、”助手”だけだと弱いですよねえ。

泉:前半〜中盤まででタイトルをつけるとどうなるか、というイメージを少し出していただけるといいかもです!

如月:「あくま」という言葉をどうにか無理くり詰められないか、考えあぐねいたんですけども
 思いつかなかったんですよね!!

泉:思いつかなかったんですね!!!

如月:『あくまでも探偵は』『あくま〇〇〇〇』みたいな座りの良いものを悩んだですけども、ないっすねぇ。

泉:私は『あくまでも探偵は もう助手はいない』アリアリのアリだと思いますよ!!!

如月:うー--ん、もう少し悩んでみます!

~後日~

如月:『あくまでも探偵は もう助手はいない』でいきましょう!!

泉:(思いつかなかったのかな)

如月:キャンペーンの為に画像を作ったりしていたんですけど、そういう素材として見てみたら、「いいじゃない」と思いまして。アリアリだな、と。

泉:形にして眺めてみると、感じ方が変わりますよね。私はいいと思います!!!

無事にタイトルが決まり、ゲラの段階へ。
この打ち合わせ記録も、もう終わりへと近づいている…?
否、次回、最後の最後に、大事な〇〇〇〇が!!!!

『あくまでも探偵は もう助手はいない』(講談社タイガ)
いよいよ明日2022年3月15日(火)発売!!

ご予約、応援、なにとぞよろしくお願いいたします…!

つづく!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
如月新一

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

如月新一
作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。