見出し画像

クビキリ(2稿-7)

         6 

「で、警察に通報した、と」

 森巣がいつの間にかメモ帳を開き、ペンを走らせていた。交番での聴取を思い出しながら、姿勢を正して頷く。これが、僕のクビキリ発見のあらましだ。

「森巣は、僕が見たのは犯人だったと思う?」
「そうだね、可能性としては高いと思う」
「あっちが第一発見者で、僕を見て犯人だと思って逃げたんじゃないかな? という気もするんだけど」

 ここ数日考えていたことを尋ねてみると、森巣は僕の顔をじっと見てから渋い顔で首を横に振った。「それはないと思うよ」

「僕が見た人の格好が怪しいから?」
「それもあるけど、俺が仮に第一発見者で動揺していたとする。それでも、平は人の良さそうな顔をしているから、暗闇の中で平を見ても逃げないと思う」
「そう……かな?」

 自分の顔を触ってみるが、触れてみても逃げ出さない顔か確かめることはできない。怖い顔はしていないと思うけれど。

「ま、人は見かけによらないけどね。少なくとも、自転車を押して現れた平を犯人だとは思わないかな。それともビックリされるような格好をしてた?」
「Tシャツにジーンズだったよ。ぎょっとされる服じゃなかったと思う」
「それにしても災難というか、平もとんでもない所に居合わせたね。無事でよかった」
「本当に、そうだよね。犯人が襲って来なくてよかったよ」
「犯人の特徴は他に覚えてないの? マスクとサングラス以外に。男だった? 女だった?」

 尋ねられ、ええっと、と思い出す。

「ガッシリとした体格ってわけじゃないけど、男だったと思う。髪の長さはフード被ってたからわからないけど、女の人ほど線は細くなかったし」
「身長は?」
「離れていたけど、百七十前後くらいじゃないかな。僕らと同じくらいだよ。あ、あと、さっきも言ったけど、パーカーの背中に、大きくXって書かれてた。ブランド名かな?」
「X? 聞いたことないな」

 じゃあ、あれはただのシンプルなデザインというだけだろうか。
 僕が語り、森巣が相槌を打ちつつペンを走らせる。僕の話をずいぶん熱心に聞いてくれるなあ、となんだか嬉しく思うが、僕が危険なことに関わらせているような気もして不安になった。

「平は瀬川の犬がいなくなる前にクビキリと犯人を見ているから、不安に思っているわけだ? でも、瀬川の犬は散歩中に迷子になっただけなんだろ? 心配ではあるけど、そこまで深刻にならなくてもいいと思うよ」

 森巣が僕を案じるように優しい言葉をかけてくれる。励ましの言葉は嬉しいし、その言葉で心が軽くなれば良かったのだが、僕の不安が晴れることはなかった。
 どうしよう、これ以上森巣に話をするべきか。瀬川さんの役に立ちたいけど、森巣に同じ苦しみを味わわせたくもない。
 そう逡巡しながら、コーヒーに手を伸ばす。すっかり冷めていて、苦い気持ちが更に濃くなる。

「それで?」と森巣が顔を上げた。
「それで?」と僕は尋ね返す。
「なんだか言いにくそうにしているけど、まだあるんだろ?」
「なんでわかったの?」
「平は顔に出やすいんだよ」

 森巣がそう指摘し、親しげに頬を緩める。
 さあ、話してよ、と促され、僕は口を開いた。

「……実は、瀬川さんの犬は散歩中にいなくなっただけじゃないんだ」

 どういうことか? と森巣が眉間に皺を寄せる。

「散歩中に、襲われて、拐われたんだ」

 そう教えたとき、入店を知らせるカウベルが鳴った。視線を向けると、ちょうど瀬川さんがやってきたところだった。
 瀬川さんが僕を見て手をあげ、向かいの席の森巣を見て目を丸くする。

「続きは瀬川さんの口から」 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

とっても嬉しいです…!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 53本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。