見出し画像

4話目プロットを作りましょ!

登場人物紹介
如月:
リデビュー賞を受賞した作家
イマジナリー如月:如月の頭の中に住む、イマジナリー如月

如月:4話目のプロット作るかあ。さーて、何から考えるかなあ。俺、ミステリ考えるの毎回苦労するんだよ。

イマジナリー如月:ふふふふ、悩んでいるようだな。

如月:お、お前は!!

イマジナリー如月:俺はお前の頭の中の俺だ。

如月:え、えっと、俺なの? お前なの?

イマジナリー如月:ああ、ごめん。お前に難しいこと言ってもわかんねえんだった。
イマジナリー俺だ。

如月:ああ、イマジナリー俺か。ならわかったぜ。

イマジナリー如月:1日ずっとノート開いて机に突っ伏してるけど、寝てるのか?

如月:4話目を考えてんだよ! 見りゃわかんだろ!!

イマジナリー如月:ふふふふ。
4話目、読むものみんなが感動するプロットが欲しいか?

如月:!?

如月:ほ、欲しい!!

如月:くれ!! 友達の寿命を10年やるからくれ!!

イマジナリー如月:ふふふ、そうか、欲しいか。

イマジナリー如月:
……。

イマジナリー如月:……。

如月:
くれねえのかよ!

イマジナリー如月:あったらあげてるわ。俺はお前だからな。

如月:じゃあ、何から考えるか、一緒に考えてくれよ。

イマジナリー如月:了解ウォッチ。

イマジナリー如月:お前は誰が殺したとか、どうやって殺したかにあんまり興味がないよな。

如月:
あー、そうなんだよ。へえこいつが犯人か、手の込んだ仕掛けだな、って思って終わりなんだよ。

イマジナリー如月:(お前、なんでミステリ書いてるんだ?)

イマジナリー如月:だが、そんなお前にも好きな謎はあるだろ。

如月:あー、行動の謎と現象の謎だったら好きなんだよ。
あの人はどうしてあんなことをしたんだろう? っつうのと、あれは一体なんだったんだろう? っつうのが好き。

如月:
これだったら、読み終わった後に感動できると思うんだよ。

イマジナリー如月:だったら今回もそれでいこう。慣れないことはするんじゃあない。

如月:了解ウォッチ。今回は、巻き込まれている不思議なことにしよう。
ポルポの試験とか赤毛組合系の。

イマジナリー如月:俺はいいと思うぞ。だって俺はお前だからな。

如月:ラスボス、滑川のキャラがぶれてるからそれも直そうではないか。
半グレのボスってのはやめたいんだよなあ。頭脳派だから、犯罪プランナーって感じかしら。

イマジナリー如月:1話目のクビキリのギロチンの持ち主だったり、2話目の強盗ヤギの計画を立てたり、3話目の売春斡旋にも関わってるもんな。

如月:犯罪行為をすることとか、他人を食い物にするものであっても気にしてなくて、計画が実現されたら自分は優れているっていう快感と肯定感を覚える。そういうタイプだな。

イマジナリー如月:ってなると、4話目の滑川は何をするだろうな? 1〜3話目で森巣に仕事を潰されてるけど、黙ってると思うか?

如月:自分の評判が悪くなるし、自分より頭が良いんじゃないか? っていう相手と勝負したいだろうな。勝負っつうか、勝って満足したいはず。

如月:森巣をどうにかしたい。2話目の目撃情報から、森巣の身元は調べればわかるし、仕掛けてくるか。

イマジナリー如月:いいじゃん、すげえ滑川っぽいわ。滑川の計画はどんなよ。

如月:容疑者手配サービスってのはどうだろう?

如月:窃盗や殺人などの犯罪行為に際し、依頼人の代わりに容疑者を用意する。

如月:依頼人は、自分の代わりに逮捕される容疑者が欲しい。滑川は前科がある者や疑われやすくて操り易い人間を誘導し、事件が起こる前に人前で被害者と言い合いをさせて印象に残したり、アリバイを証明できないよう準備したり、可能であれば証拠になるようなものに指紋をつけさせて現場に残す。

イマジナリー如月:結構いい感じだけど、どうやって思いついたの俺。

如月:
滑川はどうやったら満足するかなあ、と思って。そうなると森巣が負けた! ってなる時、ムショにぶち込まれたり、犯人を追ってるつもりが犯人になってたらいいかなって。

イマジナリー如月:どういうことが起きるか、は決まったな。

如月:じゃあ、構成をまとめちまおう。

【構成】

滑川が平に会いに来る、依頼もしくは指示を出される(2話目でカフェのオーナーが、森巣と平を見ている。制服を着ていたし森巣は目立つ為、通学路で張り込めばわかる)。滑川は、報酬も払うし引き受けてくれたら、平と森巣のことは見逃すと言う。


森巣に連絡をし、二人で滑川から依頼を受けた調査・謎解きをすることに。滑川からの謎は解けないが、森巣が別のことに気付く。自分たちは滑川に利用されている!

滑川の計画は二人を騙して誘導し、容疑者に仕立てあげること(目撃情報、アリバイの有無、状況証拠など。滑川がリハーサルとしてやっていた事件も情報として入れておく)。


平は警察に相談をしようと言うが、森巣は滑川を出し抜こうと言う。森巣は滑川に負けたく無いだけなのではないか、ついていけないと平は離脱。平は家に戻り、百万円を手にして警察に行く(百万があれば、自分の言ってることがあながち嘘とは思われないはず)。

が、途中で考えを改める。


平は警察に相談をしようと言うが、森巣は滑川を出し抜こうと言う。森巣は滑川に負けたく無いだけなのではないか、ついていけないと平は離脱。平は家に戻り、百万円を手にして警察に行く(百万があれば、自分の言ってることがあながち嘘とは思われないはず)。

が、途中で考えを改める。


平、滑川に会いに行く。森巣もやって来る(滑川は、森巣は保身やみんなの敵になって生きる覚悟はないと予想していたが覆す)。森巣が滑川をぶん殴る。

平が森巣に百万を返そうとするが、交通費で使ったと話す。森巣は平がこっち側に来たと思って嬉しい。

滑川を倒したことで、森巣と平の活動が始まる。悪名が歩き始める・道を拓き始める。


如月:こんな感じかな?

如月:ありがとう! お前のおかげで助かったぜ!

イマジナリー如月:ふふふ、俺はお前が困っていたら、何度でも現れる。

如月:
心強いな!

イマジナリー如月:じゃあ、プロットを編集さんたちに送るんだ!

如月:了解ウォッチ。

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

明日もがんばります!
1
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 105本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。