見出し画像

強盗ヤギ(初稿−13)

       13

「ゾディアックに似てるマークがあるから、文章が暗号なんじゃないかとわかった。そして、次の店がヒントになっていることがわかった。次に、残された文章をつなげると、文章になることもわかった。更に、そこには二十七歳で死んだミュージシャンが登場していることもわかった。けどな、それは一旦全部忘れろ」

「忘れる?」
「事件の真相は、俺が昨日見たものと、お前が昨日見たもので、全てがわかるぞ。エド・サリヴァン・ショーをやったかいがあった。あれで確かめたいことが二つあったんだ」

 森巣が右手の親指と人差し指を立て、僕に向けた。指先からプレッシャーを感じ、眉をひそめる。

「一つ目は、銃口を近くで覗くためだ」
「銃口を? 何のために」
「本物か確かめるためだ。モデルガンは悪用されないように、銃口の中にインサートという金属の板が埋め込まれていて、無理に外そうとすると、壊れてしまう。インサートは削ってどうにかしたみたいだが、少しバリが残っていた。それに、本物だったら銃身の内側にライフリングという螺旋状の溝があるはずなのに、それもなかった」
「よく、あの状況でそれを確認できたね」
「霞にモデルガンを向けてもらって、練習もしたしな」
「銃が本物だったら、とは思わなかったのか?」
「平の歌があるから大丈夫だと信じていたのさ」

 森巣がさらりとした口調で言った。どこまで冗談で言っているのか、判断しかねる。嬉しいけど、過信されるのは困る。

「あとは、昨夜お前から届いたメールで、俺は何が起こっていたのかわかった」
「慰めはいいよ。別に役には立たなかっただろ。実際、森巣が歌ってる間、特におかしなことをしている人はいなかったよ。あの女の人が撮影していたことだって、気づかなかったわけだし」
「いいや、平はちゃんと見ていたよ。俺に銃が向けられて、もしかしたら死ぬかもしれない中、店内を見てくれた」
「ああ、もうあんな無茶なことはやめてもらいたい」
「約束はできない」

 森巣がお大仰な仕草で、両手を広げる。

「で、なにがわかったの?」
「なんでオーナーはお前と目が合ったんだろうな? 一触即発だったんだぞ」

 言われ、確かにはっとした。強盗犯が客に銃を向け、今にも発砲するのではないか、と剣呑な空気になっている中で、オーナーは何故視線を外せたのか。

「ですよね? オーナー!」

 森巣が店全体が震えるくらいの大声を出し、首を傾ける。
 びっくりしつつ視線を写すと、カウンターの奥で棒立ちになっていたオーナーも体をびくっと震わせた。動揺しているのか、目を白黒とさせている。その反応に、僕まで、まさか、という思いがこみ上げて来た。

 頭の中で、電気回路が繋がるみたいに、思考が繋がっていくのを感じる。
 オーナーは銃はどうせ撃たれないと知っていた。だから、周りに気を配れたのではないか。オーナーは女性客にも視線を送っていたから、撮影されているのを知っていたのかもしれない。
 そのことから導き出せる答えは一つしか思いつかない。

「強盗ヤギが注目されているのに、『動画を撮るな』とアナウンスしない理由も謎だった。みんなグルなんだよ」

 体を捻り、そうなんですか、どうなんですか、と訊ねるようにオーナーを見つめる。
オーナーは目を泳がせ、呼吸を乱しながら、おろおろしている。代わりに答えてくれる誰かを探しているようで、それはもはや、「はい」と言っているのと同じだった。

「強盗ヤギは経営難の飲食店に声をかけて、強盗に遭ったフリをするよう協力を仰いだんだと。知っているか? 襲われた店はどこも客の入りが増えているらしい」

 森巣の口から語られる話が、僕の頭の中に立ち込めていた霧を晴らしていく。
 思い返せば、確かにどの動画でも店の料理が絶妙な角度で映っていたし、動画を見た牧野は、腹が減ったとかあの店に行こう、と言っていた。

 サブリミナルと言えば大げさだけど、コマーシャルにもなっていたのだろう。それに、暗号だ。暗号があるから動画を見たいと思う人は増えただろうし、実際に店に多くの人が行ってるという話も聞いた。

「本当は、被害者がいない、安全な強盗だったってことか」

 強盗ヤギは、新しい広告の方法ですよ、といくらかお金をもらって、あのパフォーマンスをしていたのか。テレビでCMを流してもらうよりも、ずっと安上がりで、効果も出たのではないだろうか。

「お前は今、強盗ヤギたちが店の救世主に思えてるんじゃないのか?」
「救世主、とまではいかないけど、よく思いつくなとは思ったよ」
「この事件はこれで終わりじゃない。そこから先を知る覚悟はあるか?」

 知らなければ、面白いことを考える強盗グループがいた、という話になる。

 森巣に試されている。知らなければよかった、と思うことになるかもしれない。だけど、僕の困っている人を放って置いてはいけない精神が疼いた。今の教室は、困っている人をみんなが鑑賞している。人の不幸を楽しむ風潮、それを放って置くのが許せなかった。
 首肯する。

「昨日、あの店ではショーが行われてたんだよ」
「ショー? 僕らは人質じゃなくて観客だったって言うのか?」
「いいや、俺たちはエキストラだ。観客は」

 森巣はそう言うと、スマートフォンを僕に向けた。

「動画を見る連中だ」

 画面の中央にある再生ボタンを押され、昨日の強盗ヤギの事件映像、ではなく、まず広告が流れ出した。

「狙いはこれだ。一回再生されるごとに、約〇.一円の広告収入が発生する」
「広告収入?」
「昨日投稿された動画の再生回数はもうすぐ三百万超えだ。一日経ってないのに、三十万円だ。これからまだまだ伸びるだろうな。事件が起きれば、相乗効果で前の動画の再生数も伸びる。犯罪を扇動する内容ではないし、生々しい暴力があるわけじゃないから、規約で削除されることもない」
「ちょっと待ってくれ。つまり、動画再生で稼ぐ為に、事件を起こしていたってこと!?」

 森巣が右手をこちらに向け、指を一本ずつ立てながら説明を始める。

「最初の動画が公開されて話題になり、三本目の動画にマークが写り込んでいた。それは、ゾディアックという連続殺人犯が使っているマークに似ているとわかった。そして暗号が騒ぎになり、それが解読され、次の店の予告と文章だとわかった。次に、二十七歳で死んだミュージシャンが主語になっていたと気づく奴が現れる。今度は、その意味が何か? とみんなが気になる。向こうは、興味関心が薄れないよう、餌を定期的に撒いていた。平は、まんまと向こうの思惑通りに、食いついたな」

 森巣は言葉をそこで一旦止めた。まるで、僕に考えるよう、促すような間だった。

「暗号文に意味なんてなくて、あれはただの客寄せだったのか。森巣は、いつから気づいてたの?」
「そうだなまず、あいつらは本気で強盗するつもりなのか? と気になった。ネットで騒ぎになってからも活動を続けているし、誰かに撮影されていないか気にしている風もなかったからな」
「確かに、動画で目立ったり注目されるのは、強盗にとってメリットがないよね」
「次に、動画に広告が邪魔だったから違和感を覚えた。動画を投稿して、広告設定するのは審査なしで出来るみたいだし、なんでこいつは儲けてるんだ? と気になったんだよ。だから、本気の強盗か確かめる為に銃が本物か知りたかったんだよ」

 大胆で狡猾、犯罪をショーにし、人知れず金を儲けている奴らがいる。動画を再生するみんなが共犯者ではないか、と自分の立っている場所がどんどんなくなっていくような、不安な気持ちになる。

「さて、オーナー、ここからが本題です」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

明日もがんばります!
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 71本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。