セッちゃん感想

繋がる二人の物語『セッちゃん』

読書感想文4冊目

『セッちゃん』(大島智子)

本格的に冬である。歯がガタガタ震え、外で本を読んでいると、手がかじかんでページをめくるのが大変な季節になった。家の中にいても寒い。どてらを着て、こたつの電源入れて、湯呑みでお茶を飲みながら、原稿をもそもそ書いている。

今年のこのマンガがすごい!も発表されて、読みたい本だらけになってきた。原稿を書き、積ん読を消化し、新たな読みたい本を読む。充実している。
だが、これをリア充とは呼ばんのだろう! わかっとるわい!!

寒くなると、人肌恋しくなる季節とも言う。そんなあなたに、『セッちゃん』だ。

大学生のセッちゃんは、誰とでも寝る女の子だ。セックスの「セ」でセッちゃん。セッちゃんは中学生の頃から、誰かとセックスをしている。が、どうやら恋をしたり、誰かと付き合いたいという願望はない様子。

誰かに必要とされたいわけではないし、快楽に溺れているわけでもない。ただ、セックスという肉体を使った行為をしている間だけ、自分以外の人間がいるということがわかり、それが「いいな」と思っている。
付き合おうと言われると、嫌だなぁと思っているみたいだし、彼女はセックスをしたいだけなのだ。

そんな彼女が、あっくんという男の子と出会う。

あっくんは友人もいるし、何事もそつなくこなす大学生に見えるが、高校の時にクラスメイトの死体を見つけた過去を持つ。それ以来、「あっち側」「こっち側」という感覚を持ち、他人との関係に一線引いてしまう。
みんなでわいわいが「あっち側」、自分と死体が「こっち側」になってしまった。たまに死体を思い出し、感傷に浸りながら、暮らしている。

物語の中で、大学ではデモがあり、テロに走る者もいる。「あっち側」のみんなは社会問題に夢中で、自分もなにかをしなければ、と活動している。
でも、「こっち側」の人間からしたら、ふうん、という感じだ。みんなが何かに熱狂しているとき、参加しきれない、興味がない、と思う気持ちに共感できる。デモやテロで何が変わるわけ? そもそもそれに興味がないわ、と。

セッちゃんとあっくんは「こっち側」にいる。社会から一歩引いてる者同士、だんだん仲良くなっていく。この距離感が、物語の肝であり、美しさだと感じた。

二人は議論をしないしセックスもしない。だけど、たまに冗談を言い、一緒にいると「なんか落ち着く」関係になっていく。セッちゃんとあっくんが一緒に美味しくないカレーを食べるシーンがあるのだが、そのときの気持ちの変化や二人ぼっちの光景が、なんだかとっても素敵なのだ。ありふれた日常の中に、美を感じた。

みんなで何かに夢中になるよりも、二人で美味しくないカレーを食べている時間の方が、かけがえのないものじゃないか? そう思わせてくれる。

人は一人では生きていけない。でも、みんなと同じようにはなれない。人と違うせいで、弾かれる。
それでも僕らは、出会いたいのではないか?
なので、自分以外の人間がいると安心するセッちゃんと、精神的ひとりぼっちだったあっくんの出会いに、ぐっとくる。

個人の価値観があると思うけど、私はセックスをしたから人と人が仲良くなれるとか、良い人間関係になれるとは思っていない。もっと、心と心で繋がりたいのだ。いや、たまに話せるだけでいい。理解し合えなくても、寄り添えればいい。自分以外の他人がいて、それを幸せなことだと思いたい。

だからこそ、セッちゃんとあっくんの、付き合わないしセックスもしないけど、「なんか落ち着く」関係に神々しさを感じる。この二人の関係ってなに? 友達ではない異性、でも二人が出会えてよかったねと思える関係。

それって要は、運命の二人じゃないのか?

『セッちゃん』以上ッ!
ではではまたまた


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

励みになります!
12
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

この記事が入っているマガジン

読書感想文 読めば良くなる
読書感想文 読めば良くなる
  • 4本

この金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。本を読んでりゃ大体良くなる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 体が良くなる! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。