見出し画像

ファーストスラムダンク良すぎるよ日報

プロット、でけたよ。
いい地図になったんじゃなかろうか。早く行きたいよ。
明日〆切だから、明日もっかい読みやすく整えよう。
悩んでるところが、書けたら楽しそうだなって思うようになった。登場人物のことを、もっと書きたいなと思う。
書けたら掴めることがありそうだなあ。
がんばります。

父親は手術をせず様子見になったらしい。
大丈夫なんすか。心配ではあるよ。今度横浜に戻ってきたら検査を受けてもらいたいな。

昔、父親とは本当に仲が悪かったんだけど、何年か前からなんかどうでもよくなったんだよね。
父親は、子供への接し方を失敗したところが多いなと思うけど、自分でも正解をできる自信がないしな。

プロットをできた前進はでかい一日だった。
ということで、
今日のインプット!

夜、ネトフリで『ファーストスラムダンク』を観たよ。
……傑作じゃん!!!!!!!!
良すぎる、良すぎるよ。

山王戦だけやるんだよねってことと、リョータが主人公ってこととCGアニメってことと、声優が交代してるってことと、評判は最高っていうことは知ってました。

今日一日、『アフターサン』のサントラを聴きながらプロットしてたのね。陰々鬱々と。一昨日はずっと「Where is my mind」をピアノで弾いてる動画をYoutubeでリピートしていた。

一日、暗い気持ちでプロットしてたんだけど、夜にブチ上がったよ。

リョータのバックグラウンドみたいなこと知らなかったんだよね。父親とお兄ちゃんのこととか。なんなら妹がいるってことも知らなかった。

父親と兄の喪失。もういない兄を越えられないと感じた少年時代とか、親に比べられてしまったと感じて落ち込むとか、「俺が生きててごめん」って思い詰めてたなんてさ、そんなの。
バスケの1 on 1 だって人とうまくできなかったリョータがさ、仲が良いわけじゃないけど、「こいつらとバスケができて幸せだ」と思えるような仲間と出会えたって、そんなの泣いてしまうよ。

愛されなかった(愛されたかった)子供が、成長して人と関わって強くたくましい青年になる物語だった。あと、私は大切な人を失ってしまった母親が息子を上手く愛せなくなってしまっているのにも、胸が苦しくなったよ。
お兄ちゃんみたいになって欲しい気持ちと、お兄ちゃんみたいにいなくいならないでほしいっていう気持ちがあったんじゃないかな。
でも、リョータはリョータなんだな、親の知らないところでたくましくなって、こんなに良い仲間と出会えて、みたいな親目線で見て泣いちゃった。

他のキャラもいいよ。みんな。
とかとかそんなドラマパートもぐっとくるんだけど、試合シーンがずっとハラハラしっぱなしでさ、井上先生ゲームメイクが上手すぎるよ!!!
結末は原作呼んでたから知ってたけどさ、それでも手に汗握ったよ。

よすぎた。最高。
これから人と会ったら『ファーストスラムダンク』観た? って訊くウザイ人になっちゃう気がする。

映画観ながら、自分のプロットのことも思い返していて、「あ、こういうこともできるし、したい」と思ったことを観終わってから慌ててメモした。
明日、これもふまえてプロットもう一周直そう。

っていうか、やっぱりたくさん読んだり見たりして、自分に刺激を与えるべきだな。もっとたくさん食べよう。
悩んでる時こそ、あえて。

本日閉店

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!