見出し画像

「クビキリ」(初稿-9)

      9

 初めて会ったマリンは写真で見るよりも愛嬌のある顔をしていた。青い右目は神秘的だけど、この犬の価値はそんなものではないように思う。
 マリンは、自分の首が切り落とされるかもしれなかったなんて、夢にも思っていないだろう。僕たちを先導して歩き、時々無邪気な笑顔で振り返る。犬は口を開いていると笑っているように見えて、こちらの頬も緩んでしまう。
「犬は呑気なもんだな」
 リードを握る森巣が、尻尾を振って歩く犬を苛ついた顔で見ている。人格者で、みんなの人気者の森巣はいなくなっていた。
「平、歩けるか?」
「僕は歩けてるかな? まだ、少しふらふらするよ」
 頭を軽く振る。が、余計具合が悪くなり、吐き気を覚えた。
「でも森巣、本当にいいのかな? あのままにしちゃって」
「警察には通報したし、別にいいだろ。警察や学校で騒がれると、俺はすごく面倒臭い。でも、クビキリ犯を捕まえたってなれば、ヒーロー扱いされるかもしれないぞ。戻りたければ一人で戻れよ」
「嫌だよ。あの場所に戻るのは怖いし。それに、あの状態の先生をなんて説明したらいいかわからない」
「俺の名前を出したら殺す」
 冗談に聞こえない。
「絶対に、言わないよ」
 柳井を椅子に縛り上げてから、固定電話で百十番に電話をかけ、そのまま僕たちは家を後にした。柳井に拳を振るう森巣も怖かったけど、その後の手際の弱さも恐ろしかった。
「あのさ、森巣、質問なんだけど」
「なんだ?」
「……君って二重人格ってわけじゃないよね?」
「そんなわけないだろ。学校じゃ愛想ふりまいてるんだけだ。いいか、絶対に余計なことは言うなよ」
「言わないよ。僕が言っても、きっと誰も信じてくれないと思うし」
「賢明だな」
 森巣が愉快そうに白い歯をのぞかせる。
「それで、ガレージには何があったんだい?」
「知りたいのか?」
「いや、やっぱりやめておくよ。聞きたくない」
「でかいギロチンと、ビニールプールと、瀬川の犬だ」
「聞きたくないって言ったのに!」
 森巣がけらけらと笑う。本当かどうか疑わしいけど、目だけは爛々としていて、嘘をついているようには思えなかった。警察が踏み込めば、きっとクビキリ犯と結びつけてくれるようなものが残っているのだろう。
 そうこうしている内に、マリンちゃんの歩くスピードが速くなった。知っている道だとわかったのだろう。もうすぐ家に着く! と喜び勇んでいるのがわかる。
 瀬川さんの家の前に到着し、森巣がインターフォンを押した。電子音が鳴り、マイクを通して森巣が「夜分にすいません」と爽やかな口調で言って、名乗る。僕はぼーっとそれを眺めていたら、あることを思い出して、じわりと手のひらに汗が滲んだ。
 森巣は犬の懸賞金の額を釣り上げている。
 僕は、悪を恐れずに立ち向かえるのは、正義だけだと思っていた。
 だけど、悪もまた、悪を恐れないのではないか?
 玄関から瀬川さんが現れ、「マリン!」と叫び、嗚咽を漏らしながら犬を抱き上げた。犬も千切れんばかりに尻尾を振り回し、瀬川さんの顔をぺろぺろ舐めている。森巣は、彼らのことを作った笑顔で見つめていた。
 森巣、君はいい奴なのか? 悪い奴なのか? とじっと見据える。
 不意に、森巣が振り返った。視線が交錯する。
「秘密、守れるよな?」
 森巣が悪魔のような、スマートな微笑みを浮かべた。
 唐突に、頭の中でメロディが生まれた。初めての経験だ。
 不穏で、それでいて僕を惹きつけるメロディが、頭の中で流れ始めてしまった。

第一話おわり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

お楽しみいただけて幸いです…!
3

如月新一

作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメント2件

更新を待っていました! ハラハラするお話で、のめり込んでしまいました。第一話は終わってしまいましたが、また二人の活躍が読みたいです😆
新月さま
お読みいただき、ありがとうございます!
これから編集さんのご助言・ご感想をもとに、また1話を改稿します。読み比べると、こう直すのか、とお楽しみいただけるかと思います。
全4話で、全話の改稿が終わったら書籍化しますので、これからも森巣と平の活躍をお楽しみいただけますと幸いです…!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。