見出し画像

1話目修正を始めましょ!

※ご注意 本編のネタバレがございます。
コチラの▶︎作品と合わせて
お楽しみいただけますと幸いです。

登場人物紹介
如月
:リデビュー賞を受賞した作家
河北:講談社タイガの編集長
:講談社タイガの編集者
佐渡島:コルクの如月担当編集者

如月:1話目冒頭を書いてアップしました(1話目の1〜4らへん)ので、お手すきの際にお読みくださいませ…!

佐渡島:ここまではかなりいい感じで、先が読みたくなるし、キャラもいい具合だと僕は思うよ。
森巣との会話が始まる前に、平と森巣のキャラをもう少しわからせれたら、と感じたけど、もっと書き進めて直すのでいいと、俺は思った!

:私もかなりいい感じだと思います!
ちょっと飄々とした地の文の雰囲気は、キャラクターがより深掘りされたからでしょうか。かなりワクワクしてきます。

佐渡島:ただ、森巣との会話が始まる前に、平と森巣のキャラをもう少しわからせれたら、と感じたけど、もっと書き進めて直すのでいいと、俺は思った!

如月:僕の弱点、キャラが弱い、ですね。

佐渡島:如月くん、キャラが立つってどういうことだと思う?

如月:その作品の中で目立つキャラ、読者がしっかり覚えてくれるキャラ、気に入ってくれるキャラってことですかね。

佐渡島:キャラを作ってっていうのは、マツコデラックスを作ってってわけじゃないんだよ。

如月:ほう。その心は。

佐渡島:キャラが立つっていうのは、目立つキャラを出すってことじゃなくて、キャラの予測が立つっていうこと。
読者が、このキャラはこういう奴だから、きっとこういう言動をするだろうな、って予測が立つことだよ。

如月:あー今んところ、事件の説明ばっかりしてるような気がしますね。

如月:無駄を廃したいと思ってしまって、無駄話がなくなると、キャラが説明ばっかりしてしまうんですよねぇ。キャラをわかってもらうためには、どんな書き方を意識すればいいですかね?  キャラ同士が話してるけど、これメインの謎とか本筋と関係ないなと思って消しちゃうんですよ。その所為でキャラが薄くなっちゃってるんでしょうか。

佐渡島:メインの謎と関係あることで、キャラを出すのが大事だから、その考え方は間違ってないよ。本筋とキャラを、どうやって同時に伝えるのかが会得しないといけない技術だと思う。

佐渡島:キャラが立つとどんな行動するか予想がつく。すると、どんな主義なのかがわかる。キャラクターの主義は行動原理だから、作者はちゃんと把握してコントロールするんじゃよ。

佐渡島:じゃよ?

如月:佐渡島さんは発言頻度が低いんで、的確なことをぽつりと言う仙人キャラでいこうかと。

如月:こいつが大切にしてるものはこれで、その為だったら動くとか、逆にこれは嫌いだからこういう行動をするだろう、と思うようにして書きたいですね!

河北:キャラが出るって、大きなイベントだけではなく、小さな動作にも出るんだと思います。如月さんに前にお話ししたかもしれませんが、ジャンプ漫画で第一話には、食事のシーンが描かれていることが多いです。それは何故かというと、「主人公がどんなふうにご飯を食べるか」にキャラが出やすいからだと思うんですね。

河北:そのためだけに、イベントを作る必要がある場合もあるけれど、たとえば二人は、教室の扉をぴたっと閉めるのか、掃除をまじめにやるのか、友達の会話ひとつとっても、そんなところにもキャラは滲むモノだと思うんです。

如月:所作から滲み出るってことですね。漫画と違って絵で見てわかってもられないので、僕の脳内でわかってるけど別にいいかと思って書いてないところをちょっと意識してちゃんと書いてみます。

如月:食事のマナーって、後天的に身に付けることができるので、外面の良い森巣は丁寧に食事をしそうですよね。でも、いいとこの坊ちゃんじゃないから残すってことを絶対にしないでしょうし、平は森巣と食事するときに、やや緊張して食べるのに時間かかりそうですね。

河北:そういう感じです! 
如月さん、絵も描いていた人なわけだし、いいシーンには小説を書きながら、絵やカメラワークなども思い浮かぶこともあるかもですね。

如月:僕たちも、必要なんじゃないでしょうか?

:どういうことですか?

如月:僕も、このチャットを書く為に、みなさんの食事の仕方を知りたいんですよ。だから、飯に行きましょうよ!

:ん? ええっと。

如月:出版社の金で美味いものを食べに行きましょう!!

河北:(だめだ、こいつ、だめだ)

如月:モリスの為の必要経費ですよ! 回らない寿司屋に行くシーン書きたいんですよ!

佐渡島:如月くん、つづき、書いて

如月:…はい。

つづく





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます…! お楽しみいただけましたら、サポートいただけますととっても嬉しいです☆彡 スキ・コメント・サポートを励みにがんばります…!

とっても嬉しいです…!
2
作家です。著作『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。 http://papermoon.gloomy.jp/index.html

こちらでもピックアップされています

『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
『モリス』(講談社リデビュー小説賞受賞作:改稿中)
  • 71本

第1回『講談社 NOVEL DAYSリデビュー小説賞』のWEB公開改稿執筆になります。ガッシガシ直していきますので、お楽しみいただけますと幸いです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。