如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

    マガジン

    • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

      2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

    • 読書感想文 読むと効く

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 如月新一のしょうせつ道

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    ウィジェット

    • 商品画像

      あくまでも探偵は (講談社タイガ)

      如月 新一
    • 商品画像

      放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

      如月 新一

    記事一覧

    強盗ヤギ(初稿−16)

            16  母親が作ってくれたオムライスとサラダを食べ終え、台所で夕飯の食器洗いをしていたら、妹の静海が「お兄ちゃん、これどうしたの?」と訊ねてきた。…

    如月新一
    2年前

    強盗ヤギ(初稿−15)

          15  店を出ると、森巣は空を見上げてから、「ちょっと寄りたいところがある」と言って歩き始めた。僕は「いいけど」と返事をしつつ、森巣の歩調に合わせて隣…

    如月新一
    2年前

    強盗ヤギ(初稿−14)

           14  森巣は優しい口調でそう言って、オーナーを見据えた。 「俺はさっき、話し合いに交ぜてもらって、話を少し聞かせてもらいました。警察にも通報しない…

    如月新一
    2年前

    強盗ヤギ(初稿−13)

           13 「ゾディアックに似てるマークがあるから、文章が暗号なんじゃないかとわかった。そして、次の店がヒントになっていることがわかった。次に、残された文…

    如月新一
    2年前

    強盗ヤギ(初稿−12)

           12  カフェ『ル・セレクト』の前に到着する。放課後、いてもたってもいられず、店にやって来てしまった。学校にいる間も、電車に乗っている間も、元町の華…

    如月新一
    2年前

    強盗ヤギ(初稿−11)

           11  暗号について僕が気づいたことを、スマートフォンのメッセージで森巣へ飛ばした。既読マークはついたが、返事はない。昨夜、言われた通り僕が見たもの…

    如月新一
    2年前
    強盗ヤギ(初稿−16)

    強盗ヤギ(初稿−16)

            16

     母親が作ってくれたオムライスとサラダを食べ終え、台所で夕飯の食器洗いをしていたら、妹の静海が「お兄ちゃん、これどうしたの?」と訊ねてきた。膝の上には、レンタルビデオ店の袋が乗っている。

    「ああ、友達が勧めてくれた映画を借りたんだよ」
    「あたしも観たい! お母さんはどうする?」

     妹が車椅子に座ったまま体を捻り、リビングのテーブルでノートパソコンに向かっている母親を見る

    もっとみる
    強盗ヤギ(初稿−15)

    強盗ヤギ(初稿−15)

          15

     店を出ると、森巣は空を見上げてから、「ちょっと寄りたいところがある」と言って歩き始めた。僕は「いいけど」と返事をしつつ、森巣の歩調に合わせて隣を進む。

     歩きながら、でも、と思う。
     でも、君の隣を歩き続けるのは無理だ、と。 

    「森巣は僕のことを買ってくれているみたいだけど、もう今回みたいに、君に協力はできないと思ってほしい。僕はまだ高校生だし、君みたいに悪に立ち向かうな

    もっとみる
    強盗ヤギ(初稿−14)

    強盗ヤギ(初稿−14)

           14

     森巣は優しい口調でそう言って、オーナーを見据えた。

    「俺はさっき、話し合いに交ぜてもらって、話を少し聞かせてもらいました。警察にも通報しないと約束をしました。弱いものいじめをしている感じじゃないですしね。でも、ここにいる平は約束をしていない。警察に通報するかもしれません」

     オーナーが目を剥き、ぎょっとして青褪め、狼狽えるのが見て取れた。口が呆けたようにぽかーんと開く。

    もっとみる
    強盗ヤギ(初稿−13)

    強盗ヤギ(初稿−13)

           13

    「ゾディアックに似てるマークがあるから、文章が暗号なんじゃないかとわかった。そして、次の店がヒントになっていることがわかった。次に、残された文章をつなげると、文章になることもわかった。更に、そこには二十七歳で死んだミュージシャンが登場していることもわかった。けどな、それは一旦全部忘れろ」

    「忘れる?」
    「事件の真相は、俺が昨日見たものと、お前が昨日見たもので、全てがわかるぞ

    もっとみる
    強盗ヤギ(初稿−12)

    強盗ヤギ(初稿−12)

           12

     カフェ『ル・セレクト』の前に到着する。放課後、いてもたってもいられず、店にやって来てしまった。学校にいる間も、電車に乗っている間も、元町の華やかな商店街を歩いている間も、「見つけたぞ! 食い逃げ犯だ!」と声をあげられ、肩を掴まれるのではないかと、小心者の僕は落ち着かなかった。

    「まあ、そうだよね」

     店の前の立て看板は「CLOSED」となっている。昨日、強盗事件があった

    もっとみる
    強盗ヤギ(初稿−11)

    強盗ヤギ(初稿−11)

           11

     暗号について僕が気づいたことを、スマートフォンのメッセージで森巣へ飛ばした。既読マークはついたが、返事はない。昨夜、言われた通り僕が見たものも森巣に送ったが、それの返信もなかった。読まれているとは思うけど、無言なのはなんだか不安になる。

     昼休みになり、様子を知りたかったので六組に森巣の様子を見に行ってみた。中を覗くと、生徒たちは僕らのクラスと同様に、強盗ヤギについて喋り

    もっとみる