如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

如月新一

作家です。著作『あくまでも探偵は』『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』 読んでる間は楽しくて、読み終わったら何かが残る、面白い小説が好きです。

    マガジン

    • 『あくまでも探偵は』シリーズのおはなし

      2021年1月15日『あくまでも探偵は」発売 2021年1月24日重版&シリーズ化決定 しかし、あれから一年が過ぎてもまだ、続刊は発売されていない。 チームは今や半分以下。彼らに一体何があったのか、2巻は一体どうなるのか… 二人三脚で走りながら意見をぶつけ合い、取っ組み合い、励まされながら、慰めながら如月は今日も戦う! プロの編集者からの小説アドバイスは、再び読む者全てに納得を届ける。 発売に向けて、がんばれ如月! みんなも応援してあげてくれ! 3月15日に『あくまでも探偵は もう助手はいない』が講談社タイガから無事に発売されるのか!? されるけど!

    • 読書感想文 読むと効く

      このお金あれば本が何冊買えるかな、と考えてしまう自分がいる。そう思ってる作家が書く、読めて良かった! 何かに効く! と思えた小説やマンガの読書感想マガジンです。

    • 如月新一のしょうせつ道

      小説家如月新一が、小説家になるまでのエッセイです。 脇道多め! ワイルドサイドを行け!

    • 365日小説〜毎日なにかの特別な日〜

      毎日、何かの記念日だったりします。 その日の記念日をお題にした、掌編小説集になっております。

    • 映画感想 シネマパラダイス

      私は映画が好きだ! 大好きだ!! 映画について語りたい!!! 映画の感想や魅力を伝えたい!!! その熱量だけで語りまくるマガジンです!!!!

    ウィジェット

    • 商品画像

      あくまでも探偵は (講談社タイガ)

      如月 新一
    • 商品画像

      放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎 (SKYHIGH文庫)

      如月 新一

    記事一覧

    しょうせつ道13(これまでとこれから編)

    27年間生きてきた人生を賭けたような小説だった。 勝利を確信していた。 が、結果は、最終選考で落選。 僕は0に戻ってしまった。茫然自失。 かと言うと、その逆だった。…

    如月新一
    4年前

    しょうせつ道12(新作完成編)

    新作小説が完成した。 ちょっとミステリー要素もあるけど、ミステリー小説ではない。Sさんのためだけに書いた小説だ。 僕の、今までの人生を全て捧げたような小説だった。…

    如月新一
    4年前

    しょうせつ道11(迷走からの脱走編)

    無感動期に突入し、僕が何をしたか? 転職だ! 横浜にずっといるからいかんのだ!! そう思って、思い切って東京で働き始めた。 でも、働きながら、ちらつく言葉があった…

    如月新一
    4年前

    しょうせつ道10(迷走編)

    ある日の仕事中、僕はそれに気がついて逡巡した。 最後に感動したのはいつだ? 小説を読んでも漫画を読んでも映画を見ても音楽を聴いても感動していない。 感情が動いてい…

    如月新一
    4年前

    如月新一のしょうせつ道9(さよならデビュー編)

    少し間が空いてしまいましたが、つづき書かにゃと思い、筆を取りました。このあたりは、結構ヘビーなので気が重かったのですよ。あと、変に悪口っぽく取られるのも嫌なので…

    如月新一
    4年前
    しょうせつ道13(これまでとこれから編)

    しょうせつ道13(これまでとこれから編)

    27年間生きてきた人生を賭けたような小説だった。
    勝利を確信していた。

    が、結果は、最終選考で落選。

    僕は0に戻ってしまった。茫然自失。

    かと言うと、その逆だった。
    忙しくなっていた。

    ・新潮文庫新世代ミステリー賞 → 佳作受賞
    ・コルクラボ覆面編集者大賞(2回) → 受賞
    ・エブリスタ小説大賞2017 SKYHIGH文庫賞 → 受賞
    ・エブリスタ小説大賞2017 マンガボックス原作賞 →

    もっとみる
    しょうせつ道12(新作完成編)

    しょうせつ道12(新作完成編)

    新作小説が完成した。
    ちょっとミステリー要素もあるけど、ミステリー小説ではない。Sさんのためだけに書いた小説だ。
    僕の、今までの人生を全て捧げたような小説だった。違うステージに上がった、という手応えを感じた。自画自賛だけど、最高傑作だと思った。これを書くためには、もう27年生きないと無理だろうと思う。
    Sさんだけではなく、これを読んだ人は気持ちが軽くなり、生きやすくなるのではないかと思うような小説

    もっとみる
    しょうせつ道11(迷走からの脱走編)

    しょうせつ道11(迷走からの脱走編)

    無感動期に突入し、僕が何をしたか?
    転職だ! 横浜にずっといるからいかんのだ!!
    そう思って、思い切って東京で働き始めた。
    でも、働きながら、ちらつく言葉があった。

    「小説家になりなよ、向いてるよ」

    そう言ってくれた、彼女のことをSさんと呼ぼう。中高の同級生は実名で勝手に書いてるくせに日和りやがってと思った方、その通りです。悪いか!? 悪いな!! ソーリーメーン!!!

    Sさんはミステリー小説

    もっとみる
    しょうせつ道10(迷走編)

    しょうせつ道10(迷走編)

    ある日の仕事中、僕はそれに気がついて逡巡した。
    最後に感動したのはいつだ?
    小説を読んでも漫画を読んでも映画を見ても音楽を聴いても感動していない。
    感情が動いていない。

    ボツになってからも、小説を書くことはできた。新作短編も書いた。
    書けるけど、楽しくない。感動しない。
    コミュニケーションが上手く取れていなかったせいで、4年間編集さんと積み重ねてきたと思っていたものがぽしゃったときのダメージは大

    もっとみる
    如月新一のしょうせつ道9(さよならデビュー編)

    如月新一のしょうせつ道9(さよならデビュー編)

    少し間が空いてしまいましたが、つづき書かにゃと思い、筆を取りました。このあたりは、結構ヘビーなので気が重かったのですよ。あと、変に悪口っぽく取られるのも嫌なので気をつかい。最初の編集さんには、とても感謝をしているのです。

    フレッチャー先生と出会い、文章修行をし、賞を介さないデビューのための作品作りが始まりました。
    だいたい、一月に一短編送ってまとまったら本にしよう、という流れです。

    ずっと頭の

    もっとみる